【絶対稼げない…】楽天バイナリーオプションの取引時間について解説

【絶対稼げない…】楽天バイナリーオプションの取引時間について解説
楽天バイナリーオプションって取引時間はどんな感じ?
マジでキツイ条件。利益上がらんよ。
本記事の内容

  • 楽天バイナリーオプションの取引時間は無理ゲー
  • 楽天バイナリーの取引時間では稼げない具体的理由を解説
  • バイナリーやるなら楽天ではなくハイロー

楽天証券が運営するバイナリーオプション業者「らくオプ」。

本記事ではその「取引時間」について徹底解説。

冒頭でも触れたとおり、楽天バイナリーの取引時間は全く投資向きではありません。詳しくは後述しますが、ざっくり言うと「いつまで経っても勝てるようになれない」から。

取引時間を気にしているあなたは、その重要性を理解できている時点で他の人より有利。

ぜひハイロー.comなどの「短期取引OK」な業者を正しく選択できるよう、楽天の問題点を知っておきましょう。

らくオプのどこがダメなのか、きっちり理解できるようにまとめたで。

【無理ゲー】楽天バイナリーオプション「らくオプ」の取引時間

【無理ゲー】楽天バイナリーオプション「らくオプ」の取引時間

  • 短時間取引は禁止
  • 2時間取引オンリー
  • 1日10回限定

上記のようになってます。

これらが何を意味するか?ずばり「マジで稼げない」ってことなんすよね…。

順番に、詳しく見ていきましょう。

2時間ごとに締め切られる「回号ルール」

らくオプの取引時間は、8:20から翌4:20までの計20時間。

ただしいつでも自由に取引できるわけではなく、2時間に1回と決められてます。

楽天バイナリーでは2時間ごとにエントリーが締め切られます

第1回号・第2回号・・・のように取引時間が分けられており、2時間ごとにエントリーを締め切り。一般的な1分・3分などの短期取引は一切禁止なんすよね。

予想する対象は『2時間後に上がるか?下がるか?』のみ。

他の取引時間を選ぶ権利のない、ワンパターンなルールです。

海外業者なら最短30秒~最長1日とかから選べるのに、楽天にはその「自由さ」がない。

【1日10回のみ】らくオプの取引スケジュール一覧表

楽天バイナリーオプションでは、1日最大でも10回しか取引することができません。

回号 取引時間 判定時刻
第1回 8:20~10:18 10:20
第2回 10:20~12:18 12:20
第3回 12:20~14:18 14:20
第4回 14:20~16:18 16:20
第5回 16:20~18:18 18:20
第6回 18:20~20:18 20:20
第7回 20:20~22:18 22:20
第8回 22:20~翌0:18 翌0:20
第9回 翌0:20~翌2:18 翌2:20
第10回 翌2:20~翌4:18 翌4:20

上記のとおり。

バイナリーオプションは少額の価値を何度も繰り返すのがセオリーなのに、10回しか取引できないのは致命的。

例えばあなたが仕事終わりの22時30分に取引をした場合、次にエントリーできるのは日付が変わった0:20分。下手すりゃ寝てますよね…。
忙しい会社員だと、1日1~2回の取引が限界。それじゃ少なすぎる。

楽天バイナリーオプションの取引時間では利益を上げづらい理由

楽天バイナリーオプションの取引時間では利益を上げづらい理由

  • 取引時間は2時間固定
  • 1日最大でも10回しかエントリー不可

繰り返しですが上記の縛りがあるせいで、楽天バイナリーオプションでは全く稼げません。

ここからは具体的に、その理由を深掘りしていきます。

その①|タイミングを逃すと2時間待たされる

1日10回しかないことに加え、その10回全てに「エントリーチャンス」が来るとは限りません。

バイナリーはHigh/Lowを予想する投資。

チャートを見て、今後価格が上がるか?下がるか?を判断する必要があります。

当然、HighにもLowにも動かない時間も存在。負けないためには「様子見」も重要ですが…。楽天ではつぎの取引チャンスまで2時間も待たなければなりません。

楽天バイナリーオプションでは、1回取引を見送ると最大2時間の待ち時間が発生します。

これが、短期取引ができない楽天バイナリーの欠点。

いっぽう30秒・1分で取引可能な業者なら、1回逃しても次のチャンスがすぐきますからね。

その②|1度の負けを取り戻すのに2時間かかる

取引時間が長すぎて、負けを取り戻すまでに途方もない時間がかかります。

2時間の取引で1回負け。

次の2時間取引でなんとか勝ち。

↑この時点で、収支はプラマイゼロですよね。

楽天では、なんと4時間使って1円もお金が動いていないという事態に。勝率2分の1でこの間延び感。もしもっと負けが先行したら、その日に取り返すのはほぼ不可能です。

ここについては「らくオプ」のデモ取引で実際に試してみれば分かります。

1回の負けを取り戻すまでに2時間かかるという事実が、どれだけストレスになるか知っておいた方がいいですよ。

短期取引がないのは、それだけ「効率が悪い」ってことやからね。

その③|短期取引OKの海外ルールと比べ予想が難しい

そもそもですが、2時間後よりも1分~3分後の方が予想が簡単なのは言うまでもありません。

例として、海外ルールであるハイローオーストラリアの「1分取引」を試してみましょう。

チャートが上がり調子ならHigh、下がり調子ならLowに賭ければ安定しやすいです。

ハイローオーストラリアでトレンドに対し順張り(初心者向けの攻略法です)

そのままチャートは上がり続け、9,000円勝ち

はい。こんな感じですね。

よほどの突発的動き(ノイズと言います)がない限り、想定外の事態は起こりません。

いっぽう楽天の2時間予想では、その間にチャートがどんどん動き不安定。

2時間など長いスパンの予想は、FXなどで利益を上げている投資上級者が行うもの。これからバイナリーを始めるなら、まずは短期取引から勉強していく方が安全です。
30分後の為替ですら読むのは難しいのに、2時間なんて無理ゲーすぎるんよ。

バイナリーオプションやるなら楽天ではなくハイロー

ハイローオーストラリア公式サイトトップページ

ここまでで、2時間固定である楽天バイナリーのデメリットは理解できたはず。

最後に、人気No,1業者であるハイローオーストラリアと楽天の違いを見ていきましょう。

らくオプとハイロー、取引時間が全然違う【比較表】

らくオプ ハイロー
取引時間 2時間固定
  • 30秒
  • 1分
  • 3分
  • 5分
  • 15分
  • 1時間
  • 1日
回数 1日10回 無制限

↑天と地ほどの差がありますね。

違いがありすぎて、もはや全く別の投資と言っても過言じゃない(笑)

それほどまでに、日本のバイナリー規制の影響は大きいってことです。国内業者を使うのは、裏で不正操作されているパチンコにお金を突っ込むのと同じレベルの危険行為。
日本がウラで操ってる国内バイナリーは、もう永遠に海外バイナリーに追いつけない…。

バイナリーオプションの最大の強みは「短時間で稼げる」こと

2時間取引限定の楽天バイナリーをやるくらいなら、いっそFXをやることをおすすめします。

どうせ長い時間を消費しないといけないのなら、FXの方がマシ。

「短時間 + High/Lowの二者択一」という最大のメリットを活かさない限り、バイナリーをやる価値がないからです。

加えて楽天バイナリーオプションには「ペイアウトが1,000円固定」というデメリットもあるんで、同じ時間をかけるならFXの方がまだ利益を上げられますよ。

バイナリーの強みを捨ててしまったらくオプは、そっとしておきましょう…。

ハイローなら「スキマ時間」で利益が出せる

最短30秒からいつでも何回でもエントリーできるので、時間の縛りが一切ありません。

僕も、会社帰り〜夜寝る前までにハイローで取引。

今では月30万円ほど稼げるようになりました。

最初から稼げるとは限らないものの、それはどの取引でも同じ。であれば、余計な時間がかからないハイローオーストラリアを選ぼうというのが、投資家の中での常識ですね。

287名無しさん@お金いっぱい。2021/04/01(木) 21:09:38.71ID:0W7ipvW+0
日本のBO業者でやったほういいよ。
同値とか、0.1ppで勝った場合、
実は大勝ちしてた可能性がある。

288名無しさん@お金いっぱい。2021/04/01(木) 21:14:40.67ID:SAh9Qo5h0
>>287
ちょっと何言ってるのかわからない

289名無しさん@お金いっぱい。2021/04/01(木) 21:41:35.72ID:NRaG0vDd0
国内のゴミみたいなBOやるなら素直にFXやった方がよっぽどいい

290名無しさん@お金いっぱい。2021/04/01(木) 21:47:15.51ID:3XXjh4Y00
>>287
頭は大丈夫か。
引用元:【海外BO】ハイローマーケッツ Part149

はい。僕も288~290の書き込みに同意(笑)

国内BOがオワコンなのは、紛れもない事実だと思います。

まとめ|楽天バイナリーオプションの取引時間は投資に向かない

本記事の内容をまとめます。

  • 楽天バイナリーの取引時間は「2時間固定・1日10回まで」
  • 短期取引ができない&1回ごと時間がかかりすぎるので稼ぎづらい
  • 取引時間に規制のないハイローオーストラリアの利用がおすすめ

らくオプでは、2時間固定の効率が悪い取引しかできません。

ハイローで短時間取引を中心に練習することで、忙しい方でもすぐに上達。利益を上げることに集中しましょう。

これはバイナリーオプションを始める全ての方に当てはまる「必須事項」だと思っており、ハイロー以外での取引はもはや自殺行為と言えます。

もし半信半疑な方は、実際にデモ取引を使い、あなた自身の目で確かめてみてください。

この記事は以上です。それじゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です