【利用禁止レベル】楽天バイナリーオプションのペイアウト率がやばい

【利用禁止レベル】楽天バイナリーオプションのペイアウト率がやばい
楽天バイナリーに興味あるんだが、ペイアウトの仕組みってどんな感じ?
払い戻しが少なすぎて全然稼げない。はっきり言って楽天では取引しない方がええよ。

上記の会話を深掘りします。

はじめに断っておくと、僕は楽天のことが嫌いなわけじゃないんすよ(笑)

ただ楽天のバイナリーに関してだけは、ペイアウト率が低すぎてマジでおすすめできません。

ペイアウト率と言えば『1回勝つとどのくらいお金が増えるの?』という、利益に直結する数字。バイナリーオプションやるなら、特に気になる重要な部分ですよね。

本記事ではそんなペイアウト率について、らくオプのヤバすぎる実態を解説。

『こりゃ無理ゲーだな。他の業者を使った方が良さそうだ…』という、冷静な判断に役立てていただければ幸いです。

この記事の目次は以下↓↓

はい。楽天さんから殴られそうで怖いですwww

そのくらい「本音&忖度なし」で解説するので、よければお付き合いくださいm(_ _)m

※今すぐ楽天に代わるおすすめ業者(Highlow.com)について知りたいという方は、»こちらから記事後半へジャンプ。

【4つのゴミルール】楽天バイナリーオプションのペイアウトについて

【4つのゴミルール】楽天バイナリーオプションのペイアウトについて

  1. ペイアウトは一律1,000円固定
  2. 取引後にペイアウト率が変動する仕様
  3. 「権利行使価格」の存在によりめちゃくちゃ複雑に
  4. 勝ちやすい取引ではペイアウト率が低すぎて稼げない

上記のとおり。

すごーく簡単に言うと『やればやるほど損するレベル』なんすよね。

一体どういうことなのか?詳しく解説していきます。

その①|勝った場合のペイアウトはまさかの「一律1,000円」

勝った場合のペイアウトはまさかの「一律1,000円」

らくオプでは、取引(回号)の終了時に条件を満たしている場合、買い手は1枚につき1,000円(固定)のペイアウトを受取れます。条件を満たしていない場合、権利行使は行われず、ペイアウトが0円となります。
引用元:楽天証券HP

楽天バイナリーオプションには、上限1,000円のペイアウト制限があります。

日本の法律でそう決められているので仕方ないんすけどね…。

楽天では、勝っても戻ってくるお金はたった1,000円。掛け金と差し引きすると、1回平均400~500円しか利益が出ない計算です。
「お遊び感」がハンパじゃない。せっかく投資してるのに1,000円じゃあ、時間の無駄なんよな…。

その②|取引後にペイアウト率が変動してしまう

楽天バイナリーの取引は、値動きに応じてペイアウトが変動する仕組みです。

楽天バイナリーではわずか1分後にはペイアウト率が変動します

上記のように、取引開始後にペイアウト率が変動。

一般的に親しまれている「勝てば2倍」の分かりやすいペイアウト制度が消えて無くなりました。

ペイアウトが変わるということは、それだけ資金管理が難しいってことです。勝とうが負けようが『この取引で、資金はどう動くか?』が1ミリも予想できず、投資においては不利。
簡単に言うと「最大1,000円しか利益にならないFX」ってこと。厳しいわな。

その③|「権利行使価格」によってペイアウト率が恐ろしく複雑

「権利行使価格」によってペイアウト率が恐ろしく複雑

各回号の取引開始1分前の原資産価格を基準とし、上下均等に7本の権利行使価格を設定します。
引用元:楽天証券HP

権利行使価格とは、『ここまで値動きしたら勝ちだよー』というラインのこと。

楽天では「上がるか?下がるか?」だけでなく、「権利行使価格を超えるか?」まで予想しなければなりません。

7本ある権利行使価格に応じて、ペイアウト率が変動。さらに「High」に賭けるか「Low」に賭けるかによってもペイアウトに違いがあるので、ややこしいを通り越してもはや意味不明。
High・Low予想だけで投資できるのがバイナリーの魅力なのに、楽天にはそれがないんよな。

その④|勝ちやすい取引ほどペイアウト率が低く、稼げない

勝ちやすい取引は購入金額が高く、ペイアウト率が0倍になる場合もある

「権利行使価格」が遠ければ、その取引はペイアウト率が高い。

いっぽうすぐに超えそうな近い権利行使価格の取引だとペイアウト率が一気に下がります。

以下に、具体例をまとめてみました。

現在価格:110円の場合
権利行使価格 必要掛け金 ペイアウト ペイアウト率
111円 800円 1,000円 1.25倍
113円 600円 1,000円 1.6倍
115円 500円 1,000円 2.0倍
このように「当てやすい取引」ほど取引に必要な購入資金が高く設定されており、ヒドい場合はペイアウト率が1.1倍や1.2倍、ヒドい場合は0倍まで落ちてしまうこともあります。
楽天では安全策をとればとるほどペイアウト率が下がる。地獄。

楽天バイナリーオプションのペイアウト率を一般的なルールと比較

楽天バイナリーオプションのペイアウト率を一般的なルールと比較

楽天バイナリー 一般的なバイナリールール
ペイアウト ×一律1,000円 ○掛け金の約2倍の金額
ペイアウト変動 ×変動あり ○変動なし
権利行使価格 ×あり ○なし
難易度 ×勝ちやすいほどペイアウト率が下がる ○常に一定

こんな感じ。

どう考えても「損」なペイアウト設定なんすよね。

一応楽天さんのために言っておくと、このペイアウトは楽天の独断ではなく「日本の法規制」により強制的にやらされてるものです。日本の業者は、どこもこんな感じなんでね…。
日本はバイナリーに厳しすぎ。これが国内バイナリー低迷の原因やね。

「らくオプ」は規制によりペイアウトが低い「回収モード」です

以下のツイートをご覧ください。

顧客損益率とは、ようは「平均してどのくらいお金が戻ってくるか?」の数値。

100%を下回っているということは、負けてる投資家の方が多いってことです。

特にらくオプの82.2%という数字は驚愕で、あなたが1万円を投資したら8,200円に減るってこと。楽天バイナリーは、やるだけ損するクソ仕様なんすよね。
ペイアウトは1,000円固定なのに、負けたら問答無用で0円。そりゃ勝てないわな。

【衝撃】らくオプは「楽天ポイントの回収」が狙い!?

楽天は、配りすぎた「楽天ポイント」を消費させるためにバイナリーオプションを始めたという噂があります。

↑上記のように、楽天証券の公式YouTubeでもポイント投資を宣伝。

「買い物で貯めた楽天ポイントで資産運用ができる!」という触れ込みですね。

しかし実態はペイアウト率が低すぎて全く稼げないという状況。『ポイントだし、まあいいか』という心理効果で、ズブズブと消費してしまう人が続出中です。
楽天ポイントは、バイナリーなんかじゃなく次の買い物に使う方がええで。

楽天バイナリーオプションのペイアウト率は「取引禁止」レベル

楽天バイナリーオプションのペイアウト率は「取引禁止」レベル

  • 楽天のペイアウト率は悲惨です
  • 取引すればするほど「無理ゲー」に気付くことになります
  • ペイアウト率の高さから、海外業者を使う人がほとんどです

上記のとおり。

楽天で取引するのは、時間の無駄と言えるレベルなんすよ。

まあ勝っても負けても1,000円程度。破産する心配はないですね。しかしもはや「投資とは呼べない」んで、らくオプするくらいなら普通に貯金しておく方がマシ。
せっかくバイナリーオプションをやるなら、ペイアウトに規制のない海外業者一択よ。

日本のバイナリーは終了、海外バイナリーの方が稼げる

日本のバイナリーオプションへの対応は以下。

  • バイナリーオプションを「危険」と判断
  • FXは「安全」と考えており、バイナリーにもFXに近いルールを強要
  • 結果、バイナリーとFXの「悪いところ」の寄せ集めが完成…。

1,000円固定のペイアウト。

値動きに連動してペイアウト率が変わるFXシステム。

そして本来のバイナリーには存在しない「権利行使価格」。

日本のバイナリーはもはや「稼げないFX」みたいなもんです。規制のない海外バイナリーオプションに人気が集まるのも、当然のことなんすよね。
俺ら日本人だし、国内業者で取引したいよな。でも無理。「バイナリーですらない何か」だから。

人気No,1ハイローオーストラリアのペイアウト率

ハイローオーストラリア取引画面

  • ペイアウト率:1.85倍~2.30倍
  • ペイアウト変動:なし
  • 掛け金:常に一定(1,000円~200,000円から選べる)

»詳しくはこちら

投資家のうち9割が使ってる海外業者。

まずはハイローから取引を始めるのが、バイナリー投資家の常識となりつつあります。

楽天ではせいぜい400~500円しか稼げないところ、1.85倍のハイローでは最低でも850円の利益が出ます。加えて権利行使価格もなく、ペイアウトの途中変動もなし。
ハイローを選ぶだけで有利。楽天使ってる人より確実に「勝てるルール」で取引できるからね。

まとめ|楽天バイナリーオプションはペイアウト率が悪徳すぎる

本記事の内容をまとめます。

  • 楽天バイナリーオプションのペイアウト率はゴミ
  • 取引禁止レベルの「勝てないルール」です
  • ペイアウト規制のない海外業者、中でもハイローを使って取引すべき

はい、こんな感じですね。

なお楽天とハイローには、それぞれ無料で使える「デモ取引」があります。

実際に比較すれば違いが良く分かるので、気になる方は使い比べてみては。

最終的にどちらを選ぶかはあなた次第。じっくり考えてみてくださいな。

それじゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です