【知らないとヤバイ】バイナリーオプションは業者によって仕組みが違います【国内vs海外】

バイナリーオプションってどういう仕組みなん?業者がたくさんあるけど、どれも同じ仕組みなのかね?

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • バイナリーオプション業者の仕組みをサクッと解説
  • あなたに合ったバイナリー業者を選ぶ方法

バイナリーオプション業者は「国内バイナリーオプション業者」と「海外バイナリーオプション業者」の2つに分けられます。

もちろん各業者によって小さな仕組みの違いはありますが、まずは基本である「国内業者」と「海外業者」の仕組みの違いがわかればOK。

バイナリー初心者向けに、サクッと解説します。

バイナリーオプションは業者によって仕組みが違う

バイナリーオプションは業者によって仕組みが違う

バイナリーオプションとは?

為替の値動きが「上昇する」か「下降する」かを予想する取引で、その予想が当たれば利益が発生、外れれば損失となる。

バイナリーオプションの仕組みはとてもシンプルで、簡単に言うと○×ゲームみたいなもんですね。

ちょっと簡単に言い過ぎかもですが、今回は初心者向けなので、イメージだけでもわかればOK。

バイナリーオプションは業者によって取引方法が違う

バイナリーオプション業者の仕組みの一番大きな違いは、この取引方法ですね。

バイナリーオプションの3つの取引方法

  • ハイロー取引
  • ラダー取引
  • ワンタッチ取引

主流の取引方法は、この3つ。

味が全然違う「とんこつラーメン」も「醤油ラーメン」も、くくれば同じ「ラーメン」ですよね。

それと同じで、バイナリーオプション業者の中身も、取引方法という味の違いがあるのです。

✅ハイロー取引

バイナリーオプション=ハイロー取引、というほど最も主流の取引方法で、ポジションを取った地点から「上がる」か「下がる」かを予想する方法。海外バイナリー業者の多くが、この取引方法を扱っている。

ハイロー取引は、とてもシンプルで簡単な仕組みなので、初心者向けですね。

大手海外バイナリー業者「ハイローオーストラリア」は、このハイロー取引を採用しています。

✅ラダー取引

名前のとおり、ラダー(はしご)のように見えるレートが、上がるか下がるか「複数のうちから1つ」予想して選ぶ方法。国内バイナリー業者は、基本的にこの取引方法である。

ラダー取引は、ハイロー取引ほどシンプルではないものの、比較的わかりやすい取引方法ですね。

✅ワンタッチ取引

判定時間までに、設定した目標地点に「一度でも到達(タッチ)する」か「しない」かを予想する取引方法。海外バイナリー業者ではほぼ扱っておらず、国内バイナリー業者なら利用可能。

ワンタッチ取引は、目標地点を遠くに設定するほど利益率が高くなる。

ただ、その分予想が難しいので、中級者向けですね。

国内バイナリー業者はFX化している

国内バイナリー業者

そもそも、バイナリーオプションとFXは全くの別物。

稼ぎやすい取引は禁止、投資初心者に優しくない仕組みを徹底的に作っている。

こうなったのも、2013年のバイナリー国内規制が原因です。

投資初心者でも始めやすいところがバイナリーオプションの良さなんですが、国内業者はFXのように仕組みが複雑化していますね。

海外バイナリー業者はトラブルが多い

海外バイナリー業者

一方、海外バイナリー業者はトラブルや詐欺業者が多いと言われています。

海外業者の中には、一部悪質な業者も存在する。

国内業者と比較すると安全性には劣るかもしれませんが、僕は使っている海外業者でトラブルが起きたことは一度もありません。

海外業者は国内業者よりもシンプルな仕組みになっているので、投資初心者にはおすすめですね。

ただ、業者選びだけは、慎重に。

バイナリーオプション国内業者と海外業者の違いは?どっちがいい?【1秒後に解決】

2020年10月8日

バイナリー国内業者と海外業者:3つの仕組みの違い

バイナリー国内業者と海外業者:3つの仕組みの違い

  1. 判定時間
  2. ペイアウト率
  3. 取引回数

バイナリーオプション国内業者と海外業者の仕組みの違いは、この3つ。

詳しく見ていきます。

仕組みの違い①判定時間

バイナリー国内業者と海外業者の仕組みの違い①判定時間

項目 国内業者 海外業者
判定時間 2時間
  • 30秒
  • 1分
  • 3分
  • 5分
  • 15分
  • 1時間
  • 1日

バイナリーオプション国内業者と海外業者では、判定時間が違います。

判定時間とは?

自分の勝敗が決まるまでの時間のこと。

判定時間が短い海外業者なら、忙しい人でも30秒から取引できますね。

国内業者は、常に2時間毎の固定された判定時間です。

バイナリーオプションの仕組みの中でも、判定時間は特に勝率を左右する。

ちなみにバイナリー初心者の場合、5分が最も予想しやすい判定時間と言われています。

【比較】ハイローオーストラリアの判定時間のおすすめは何?【初心者向け】

2020年9月30日

仕組みの違い②ペイアウト率

バイナリー国内業者と海外業者の仕組みの違い②ペイアウト率

項目 国内業者 海外業者
ペイアウト率 変動あり 固定2倍

バイナリーオプションの国内業者と海外業者では、ペイアウト率が違います。

僕が海外業者を選ぶのは、このペイアウト率が最高だからですね(笑)

ペイアウト率とは?

取引に勝ったとき、利益として戻ってくる割合のこと。

国内業者では、取引の難易度によってペイアウト率が変動します。

一方、海外業者は難易度に関係なく、設定されたペイアウト率で利益になる。

国内業者は、ペイアウト率1.2倍なんてこともザラ。たとえば1,000円エントリーで勝っても、1,200円にしかならない。

ここだけの話、初心者は必然的にカンタンな取引が増えるので、国内業者だと全然稼げなくて詰みます。

仕組みの違い③取引回数制限

バイナリー国内業者と海外業者の仕組みの違い③取引回数制限

項目 国内業者 海外業者
取引回数制限 12回 無制限

バイナリーオプションの国内業者と海外業者では、取引回数制限が違います。

3つの仕組みの違いの中で、一番わかりやすい違いですね。

海外業者では無制限で好きなだけ取引できるが、その分リスクが大きくなる。

国内業者が取引回数に制限を設けているのは、利用者が気軽に取引しすぎないようにするため。

12回しかできないと思ったら、自然と慎重な取引になりますよね。

バイナリーの仕組みがわかったら業者選びへ

バイナリーの仕組みがわかったら業者選びへ

バイナリーオプション業者の仕組みを、まとめます。

  • バイナリーオプションは、国内業者と海外業者で仕組みが違う
  • 国内バイナリー業者は、安全性は高いが複雑な仕組み
  • 海外バイナリー業者は、安全性は劣るがシンプルな仕組み
  • 国内バイナリー業者の仕組みは、中上級者向け
  • 海外バイナリー業者の仕組みは、初心者向け

こんな感じですね。

バイナリーオプションの仕組みがなんとなく分かったら、あなたに合ったレベルの業者を選びましょう。

ハイローオーストラリアトップページの写真

僕は、バイナリー完全初心者の頃からハイローオーストラリアという海外業者を利用しています。

ぶっちゃけ色々勉強するよりも、無料お試しのデモ取引をした方が、仕組みの理解が早いと思いますよ。

習うより慣れろ、ですね。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です