バイナリーオプション国内業者と海外業者の違いは?どっちがいい?【1秒後に解決】

バイナリーオプションは国内業者と海外業者ってどう違うわけ?結局、どっちがいいの?
国内はクソ。以上
本記事の内容

  • 国内バイナリーオプション業者はクソです。
  • 国内業者と海外業者の違いをステマなしで解説。

実は、国内業者に騙されるバイナリー初心者って、結構いるんですよ

今回は、そんな国内業者の闇に迫ります。

バイナリーオプション国内業者と海外業者の違いは?

バイナリーオプション国内業者と海外業者の違いは?

  • 利用率の違い
  • 勝率の違い
  • 闇の違い

バイナリーオプションの国内業者と海外業者の違いは、基本的に上記3つ。

それぞれ見ていきましょう。

海外業者と国内業者の違い:利用率の違い

バイナリーオプションの国内業者と海外業者の違い:利用率の違い

上記は、海外業者と国内業者の利用率の違いです。

海外業者の90%は『ハイローオーストラリア』なので、バイナリーオプションの利用者の半数以上がハイローオーストラリアという海外業者で取引してるんですね。

バイナリーオプションの国内業者と海外業者の違い:利用率の違い

このようにYouTubeでも、バイナリー業者はハイローオーストラリアを使ってる人がほとんど。

え、でもオイラ英語が使えないから、国内業者しか選択肢がないお。
海外業者のほとんどが日本語サポート対応やで、安心してええぞ。

海外業者と国内業者の違い:勝率の違い

バイナリーオプション国内業者と海外業者の最大の違いは『勝率』です。

海外業者は規制が緩いので、国内業者よりも圧倒的に勝ちやすい。

国内業者は安心と信頼アピールだけしといて、結局勝てないからタチが悪いんすよ。

海外業者と国内業者の違い:闇の違い

これは国内バイナリーオプション業者の宣伝文なんすけど、海外業者を危険扱いして、国内業者は安全安心アピール

こうやって初心者狩りするのが、国内業者のよくある手口。

海外業者と違って勝てる見込みがないんで、これしか宣伝方法がないんです。マジで卑怯ですよね。

海外と違い国内バイナリーオプション業者はなぜ人気がないのか

海外と違い国内バイナリーオプション業者はなぜ人気がないのか

では、海外と違い国内バイナリーオプション業者はなぜ人気がないのか、という話を深掘りしていきます。

実は、2013年にバイナリーオプションに大幅規制がかかったせいで、どんどん国内業者から海外業者に人が流れていった。だから、国内業者は人を集めるのに必死。

この規制をきっかけに、国内業者はかなり追い込まれてますね。

海外と違い国内は投資経験が必須

国内バイナリーオプション業者では、口座開設時に投資経験や投資に関する最低限の知識があるか「知識確認テスト」を受けて合格する必要があります。

つまり、投資経験ないけどバイナリーオプション始めてみよう!ができません。

え、オワタ。
国内業者でやるなら、鬼勉強からスタートな。

これだから国内はクソなんすよ、初心者に厳しすぎるし、始める場所すら与えてくれない。

海外と違い国内は規制がやばくて無理ゲー

国内業者の規制一覧

  1. 取引回数制限:1日最大12回
  2. 取引判定時間制限:最短2時間
  3. ペイアウト率の固定禁止
  4. 2WAY方式による価格提示

海外と違い国内バイナリーオプション業者の、ヤバイ規制は上の4つ。

簡単に言うと、国内業者はFX化してるんですよね。こんなの初心者には無理ゲー。

海外バイナリーオプション業者の場合、国内と違い1日に何度でも取引が可能。さらに、最も効率よく勝てる短期取引で、1分間隔で資金を2倍まで増やすことができる

海外なら、こういうバイナリー本来の魅力が息してるんすよ。

バイナリーオプション国内業者と海外業者の違い【まとめ】

項目 国内業者 海外業者
知識確認テスト あり なし
取引回数/日 12回 無制限
取引判定時間 2時間 30秒〜
ペイアウト率 変動あり 固定200%
レベル プロ投資家向け 初心者向け
安全性
海外業者の安全性について
国内バイナリーオプション業者のほうが安全といったステマを多く見かけますが、海外業者『ハイローオーストラリア』はトラブル報告が一切なく、厳重な審査と良心的な運営によって管理され、勝率も高い。

結論、バイナリー初心者は、海外業者一択です。

こんなに注意喚起しても国内業者でやりたいなら、もう知らん。知らんぞ。

ではまた。

【超簡単】最新ハイローオーストラリアの登録・口座開設は2分で完了します【3STEP】

【超簡単】最新ハイローオーストラリアの登録・口座開設は2分で完了します【3STEP】

2020年9月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です