【時間の無駄?】GMOバイナリーオプションのデモ取引を試してみた結果

【時間の無駄?】GMOバイナリーオプションのデモ取引を試してみた結果
GMOバイナリーオプションが人気らしい!まずはデモ取引で練習や!
STOP!宣伝サイトは嘘ばっかりよ。俺もデモ取引やってみたけど、あれマジ稼げないって…
本記事の内容

  • GMOバイナリーオプションのデモ取引をやってみた【手順と結果まとめ】
  • GMOバイナリーオプションのデモ取引から感じたメリットデメリット
  • 【デモで確信した】GMOバイナリーオプションの宣伝サイトは「嘘だらけ」です

いきなり天下のGMOに喧嘩を売ってしまいました。どうも管理人です。

結論、GMOバイナリーオプションのデモ取引は時間と労力の無駄。

ブログネタを探してる中で、前から(宣伝サイトの多さが)気になっていたGMOのデモ取引に挑戦することに。案の定クソofクソで、これはさすがに記事にしちゃおうかなとw

僕はGMOを一切宣伝してないんで、忖度抜きでデモの結果と感想を語ります。

これからバイナリーオプションを始める方は、参考にしてみてください。

さっさとデモ取引したい人は、リンクから飛べばOKよ。使えば違いが分かる。

GMOバイナリーオプションのデモ取引をやってみた

率直な感想

  • 取引ルールがやっぱりゴミだった
  • ビックリするほど稼げなかった

↑はい。以上です(笑)

怖いもの見たさでやってみたい方は、GMOクリック証券のHPからどうぞ。

※ちなみにGMOバイナリーオプションは「登録不要」でデモ取引が使用可能。他サイトでは『メルアド登録しなきゃ使えない!』なんて言ってますが、間違いなんで注意です。
とりあえず登録させればサイト運営者に報酬が払われるから、嘘ついてるだけ。

GMOバイナリーオプションでデモ取引をする手順と取引ルール

GMOバイナリーオプションのデモ取引画面

  1. 「権利行使価格」を選ぶ
  2. High・Lowを選ぶ
  3. 取引枚数を選ぶ

ハイローなどの一般的なルールとの違いは「権利行使価格」がある点。

GMOバイナリーは、単純に「上がるか・下がるか」を当てる取引じゃないんすよね。

GMOバイナリーオプションのデモ取引の操作方法

↑こんな感じでまず権利行使価格を決め、取引終了時に「青(High)」と「青(Low)」のどちらに収まっているかを予想するタイプの投資です。

シンプルなHigh/Lowとは違うルールだからね、間違えないように。

とりあえず「安全策」で取引してみた

GMOバイナリーオプションの取引は3時間ごとに締め切り。

僕がデモ取引画面を開いたとき、残り時間55分くらいのタイミングでした。

残り55分で判定時間が来るGMOバイナリーオプションのデモ取引画面

ひとまずこのチャートなら、Lowエントリーが安定。今の価格帯を維持しつつ「青い範囲」の中に収まってくれさえすれば勝ちですからね。

GMOバイナリーオプションで中間ラインの権利行使価格を選んで「円高」を選びエントリー

↑中間ラインの権利行使価格を選んで、購入価格は1口600円チョイ。

普段の僕は1回1万円を掛け金にしてるんで、近い金額になるように15口買います。

GMOバイナリーオプションのデモ取引でで15口を購入する

基本的に、今ある傾向をそのままHigh/Low予想に活かすのがコツ。今回の場合では最初からLow(=青い範囲)をほとんど出ておらず、そのままの流れで勝てますのでね。
流れに沿った賭け方。これをバイナリーでは「順張り」と言うから覚えとくべし。

【時間返せ】GMOバイナリーオプションのデモで6,000円だけ稼ぎました

はい。セオリー通りにデモ取引をして、約50分待ってようやく結果が出ました。

以下の写真をご覧ください。

GMOバイナリーオプションのデモ取引をやってみた結果

  • 購入価格:603円
  • ペイアウト:1,000円
  • 1口当たり利益:397円
  • トータル:397円×15口=5,955円の勝ち
・・・え!勝ってるやん!何が問題なんよ???
大問題よ。『ハイローだったら、もっと稼げてたのに…』って話。マジ大損こいとる。

今回使ったGMOの場合、僕は6,000円を稼ぐために50分も待つ必要がありましたよね。

その間に、ハイローなら短期取引で何度も利益を出せてたんすよ。

今回のデモ取引では、予想通りにチャートが下がり続けていました

↑今回は予想通り、チャートが下がるポイントが多かった。

もしハイローを使っていれば、1分~3分の取引で「Lowエントリー」を繰り返してサクサク利益を上げられたわけです。しかしGMOでは、それができなかった…。

GMOの「3時間ごと」というクソルールさえなけりゃ、3~4万は軽くイケたはず。

分かりやすい相場だったのに、勝てるタイミングをみすみす見逃す結果となったわけです…。

GMOじゃ時間がもったいなさすぎる。やっぱ「短期取引」ができるハイローがええよ。

GMOバイナリーオプションのデモ取引、メリットとデメリット考察

  • メリット:無料(どの業者でも無料ですが)
  • デメリット①:取引ルールがオワコン
  • デメリット②:有効期限が1週間しかない

やってみた感想を、メリットデメリットにまとめるとこんな感じ。

致命的なデメリットが2点あります。

そもそもの取引ルールがハイローに比べ絶望的に稼げない点と、1週間で口座状況がリセットされてしまう点。ハッキリ言いますが「何の役にも立たない」ですよこれw

順番に深掘りしていきましょう。

唯一のメリットは「無料」である点

もはや当たり前のことですが、デモ口座は無料なので使ってもお金を失うことはないです。

なので、まあ興味がある方は触ってみても良いとは思いますね。

ただし!!「時間は大幅にロスしている」と考えるべき。

正直、この後深掘りする2つのデメリットがある以上、GMOバイナリーオプションのデモ取引を使う価値はゼロ。時間をドブに捨てる行為なんで、僕はもう2度と触りません(笑)
さっさとハイローのデモで練習を始めた人と比べたら、「うさぎとカメ」よマジで。

デメリット①:そもそも取引ルールがオワコン

GMOバイナリー ハイロー
取引時間 3時間ごと 30秒〜1日(好きに選べる)
ペイアウト 1口1,000円 1.85倍~2.30倍
購入金額 1円〜1,000円(権利行使価格により変動) 1,000円~200,000円(好きに選べる)

比較表にすると上記のとおり。

実際にやってみなきゃ分からないとは思いますが、明らかにGMOの方が非効率なんすよ。

例えばあなたが仕事終わり、夜22時にバイナリー取引をする場合。GMOでは翌1時まで待たなきゃ勝敗が出ないですからね。シンプルにダルくないすか?w

いっぽうハイローなら、時間の制限はなくいつでもエントリー可。

しかも1回にかかる時間が短いので、忙しい人でも充分に取引回数を稼げますからね。

シンプルじゃない・時間がかかる・稼げない。GMOバイナリーを使うと、地獄の三重苦を食らうんよ。

デメリット②:有効期限が1週間しかない

GMOバイナリーオプション公式サイトに、デモ取引が1週間しか使えないことが明記されています

GMOのデモ取引は、利用期間が1週間のみ。

1週間経過後、デモの取引履歴やそれまでの残高もリセットされてしまいます。

そもそもが3時間ごとの取引で練習量が足りない仕様なのに、1週間しか使えないとかアリですか?w

せっかく練習しても「結果の振り返り」や「資金の動きチェック」ができるのは1週間だけ。土日は取引できないので、GMOのデモが実質的に使えるのは5日間のみってことです。

忙しいサラリーマンだと、夕方・夜に1~2回取引するのが限界ですよね。

1週間で振り出しに戻されてしまうGMOデモ口座で、上達など見込めるはずがありません。

多分さっさと入金させたいんだろうけど。騙されちゃダメよ、罠だから。

【デモで確信した】GMOバイナリーオプションを宣伝してるサイトは全てステマ

GMOバイナリーオプションを宣伝してるサイト1
↑これもGMOをゴリ押し。

GMOバイナリーオプションを宣伝してるサイト2
↑このサイトもGMOをゴリ押し。

GMOバイナリーオプションを宣伝してるサイト3
↑このサイトはGMOをゴリ押ししつつ、なんと「ハイローはダメ」と断言してます。

今回、デモ取引を使ってみて確信に変わりました。これらの「GMOバイナリーオプションの宣伝サイト」は全て嘘つき。初心者を騙し、地獄に突き落とすステマサイトです。
詐欺師と変わらんやろ。本人はハイローを使いつつ、あえてGMOを宣伝してるんやから…。

【ステマの原因】GMOバイナリーオプションは広告費が高い!?

そもそも、なぜGMOバイナリーオプションがこれほど宣伝されているのか?

その理由はシンプルに「紹介料」が高いからです。

例えばもしあなたがステマサイトからGMOに登録すると、サイト運営者に報酬が支払われるシステム。この報酬金額がダントツ高いのがGMOなんすよね。

その業者が稼げるか?使いやすいか?は関係なし。

1件1万円のアフィリエイト報酬目当てで、GMOをべた褒めしてるだけです。

本当に優良なバイナリー業者なら、自然に宣伝されてくんよ。GMOの人気は金目当ての「作りもの」。

GMOのデモ取引が1週間しか使えない本当の理由

デモ取引をさっさと辞めさせて、口座開設→本取引へと引きずり込みたいからです。

GMOサイドも、入金させて利益を上げたい。

そしてステマサイトの運営者も、口座開設させて紹介料を得たい。

両者の思惑が一致しているので、あえて「デモ取引は1週間のみ」と決められているのです。『デモ終わりか…う~ん、せっかくだし本番やってみよっかな』が狙いですね。
普通、デモ取引は無限に使えるもんなんよ。1週間限定とかケチ臭いにもほどがある。

まとめ|GMOバイナリーオプションのデモ取引は非推奨

本記事のポイントは以下。

  • GMOバイナリーオプションのデモ取引はゴミ、時間の無駄
  • まともに稼げない業者なのに、ステマサイトが金目当てで宣伝
  • 稼ぎたいならハイローオーストラリアのデモ取引を活用すべし

こんな感じですね。

GMOバイナリーオプションのデモ取引、僕は今回の1回きりしかやってないんすけど…。

もう二度と触らないでしょう。マジで得られるものが少なすぎる(笑)

唯一、この記事を読んでくれたあなたが『GMOはイマイチなんや!じゃあハイローにしてみようかな』と正しい判断をしてくれるなら…まあやってみて良かったかなーとw

本記事は以上!それじゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です