【真実】オプトレがオワコン化した理由【金融庁が動いた】

オプトレ嫌いな人
オプトレ嫌いな人「オプトレのステマ広告やばすぎん?「1分取引で勝率50%で勝てる!」なんて言われてるし…ヤバイな…なんで?」

気づいている人も多いですが、オプトレのステマ広告がとんでもない事になってます。

今日は、なぜこんな事態になってるのか、解説していこうと思う。

本記事の内容

  • オプトレのステマ広告がひどい理由を話します。
  • オプトレが今だに勝てると言われてる理由を話します。

オプトレってそもそも国内バイナリーとして有名ですが、国内バイナリーは規制がゴミカスなので、もはやFXです。

バイナリーオプションならハイローオーストラリア一択の現在、なぜ未だオプトレを勧める業者がいるのか、という話をしていきましょう。

オプトレのステマ広告がひどい理由

オプトレのステマ広告がひどい理由

海外バイナリー業者の独占市場となった結果、過剰広告で新規顧客を狙う国内業者が増加。

「オプトレ」で検索すると、

  • 勝率50%で勝てる!
  • オプトレ驚異のメリット〜

みたいなステマゴリゴリの業者サイトがズラリですが、そんなのはあり得ません。

なぜここまでひどい事になってるのか?理由は下記のとおり。

  • オプトレを誰も使わなくなった
  • 国内バイナリーの需要がない
  • 宣伝文句が大企業しかない

オプトレを誰も使わなくなった

理由は国の方針にありまして、

バイナリーオプション規制と呼ばれる、業界への規制が設けられたのが原因。

✓バイナリーオプション規制とは

バイナリーオプション規制は、金融商品取引業等に関する府令(府令)及び金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針(指針)の改正を受けて、バイナリーオプション業者が加盟している「一般社団法人金融先物取引業協会」が定めた業界の規制のことです。

一般車団法人金融先物取引業協会ガイドラインより抜粋

バイナリーオプション自体、上か下かを当てるだけのトレードというカンタンな仕組みから、ギャンブル性が高いという判断が下り、致命的な規制が設けられました。

2012年末 バイナリーオプション業者によるワーキンググループの設置
2013年 ワーキンググループが自主規制についての最終報告
2013年7月3日 内閣府令によって公的規制が導入
2013年7月18日 金融先物取引業協会よりガイドライン発表
2013年8月1日 内閣府令によって公的規制実施
2013年8月1日 現行ルールのバイナリーオプションへの新規参入不可
2013年11月30日 現行ルールのバイナリーオプション停止

カンタンに説明すると、こういう事です。

  • 短期取引の禁止
  • 総取り禁止
  • ペイアウト率変動制
  • 2WAY式価格表示

要するに、オプトレは金融庁のせいで劣化版FXと化した。

それまでは、シンプルなトレードスタイルで、負けても掛け金以上の損失を生まないのがバイナリーオプションでした。

ですが、これによりオプトレを筆頭に、国内バイナリーは複雑な2WAY価格表示や掛け金以上の損失を生む危険な投資へと変貌。

誰も利用しなくなりました。(※詳しくは下記をご覧ください)

【完全終了】国内バイナリーオプションの悲惨な末路に涙腺崩壊【規制の嵐】

2020年10月6日

国内バイナリーの需要がない

FXの劣化版と化した国内バイナリーは、もはやオンライン募金箱。需要0です。

まあ、オプトレは国内業者の方ではまだマシな方ですけどね。

  • 1分の短期取引が可能
  • 最低賭け金は10円〜
  • 無料デモ取引がある
  • 本口座開設前には審査が必要

しかも1番汚いのが、1,000円のペイアウトを1分前に買うと、なんと返ってくるのは1,000円。

1分取引と言いつつ、利益が出ないんですよ。1分取引だから初心者向けって言ってる人は、完全なステマです。

宣伝文句が大企業しかない

大企業が運営しているので、安心して取引できます!

オプトレに限らず、国内業者をおすすめするサイト、全てに書いてある文章です(笑)

これしか言う事がないんですよね…ペイアウト変動性で利益も薄いし、そのくせ賭け金以上に損するし、あげくの果てに取引は1日12回まで…。

大企業だから安心!と書いてたら、それしか言う事ないんだろうな、と判断するのがベストです(`・∀・´)

オプトレ人口が激減した理由

オプトレ人口が激減した理由

上記の理由から、海外業者へ顧客が流れていきました。

海外業者の場合、日本国内の規制は対象外のため、これまで通りの取引を行うことが可能。

その結果、オプトレを筆頭に国内業者の人口は激減することとなります。

海外バイナリーオプションの独占市場

  • 取引回数無制限
  • ペイアウト率固定でいつでも2倍
  • HIGHかLOWか当てるだけ
  • 最短30秒からの短期取引

と、海外業者の圧倒的メリットから、バイナリーオプション業界は海外業者の独占市場へと変貌。

しかし、海外業者もメリットばかりではなく、下記のようなデメリットが存在します。

✓海外業者のデメリット

  • 雑所得として課税される(稼ぐほど課税)
  • 金融庁の許可無しでも運営可能
  • 海外銀行経由での振込の為、出金に期間が必要

これらを考慮して、国内業者のオプトレを選ぶ人も多いみたい。

そこで、このデメリットを全て解決し業界を独占しているのが、ハイローオーストラリアです。

9割がハイローオーストラリアに流れた

ハイローオーストラリアに業界が独占されて以降、国内バイナリー業者の多くがサービスを停止し、その姿を見る事も少なくなってきました。

海外業者利用率を見ても、ハイローの国内利用率はNo.1、世界でも3位という大御所です。もはや勝ち目がないんですよね。

✓ハイローオーストラリアについて

ハイローオーストラリアについて

  • オーストラリア証券投資委員会(ASIC)の金融ライセンスを取得による安全性の保証
  • ペイアウト率固定で、投資額以上の損失無し
  • HighかLowを当てるだけの従来のシステム
  • 無料デモトレードによるバックテストも可能
  • 最低取引額1,000円
  • 取引回数無制限
※追記:ライセンスが剥奪されました。

海外業者の市場独占を問題視した日本の金融庁が「日本人向けのサービス提供をしている海外バイナリーオプション業者へのライセンスを停止しろ。」と要請。2015年から最後の砦となるまで粘ったハイローも、2019年にライセンス剥奪となりました。

金融庁が問題視するほど、歴然の差があるという事ですね。

オプトレとハイローを比較

項目 ハイローオーストラリア オプトレ
取引時間 最短30秒〜 最短1分〜(利益無)
ペイアウト率 2倍固定 変動性
取引回数 無制限 11回
出金スピード 翌日 翌日
無料デモトレード あり なし
ライセンス あり あり

一目瞭然、オプトレの完敗。

ここまでくると「1分取引で勝率50%で勝てるというとんでも理論」のようなステマが生まれるのも、納得。

しかも、ハイローオーストラリアでデモ取引をやってみると特に感じるんですが、オプトレの取引画面マジで見にくいんですよ。もはや見えない。

まとめ:オプトレは国に潰されました

まとめ:オプトレは国に潰されました

  • オプトレ、金融庁の規制で劣化版FX化する
  • 海外業者に顧客を奪われる
  • 規制で身動きがとれず、ステマ広告

まあ、こんなとこです。

というより、オプトレがステマをしているんじゃなくて、オプトレの宣伝業者がステマしてるだけですね。

ハイローオーストラリアと比較したら「ゴミです」としか言えないので、まあしょうがいないのかも…(笑)

それでは、今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です