【特徴】バイナリーオプションに向いている人と向いてない人の違い

バイナリーオプションに向いている人、とか言われてもピンとこない。いったい、どんな人なんや?

投資経験があるとか、相場分析ができるとかではなく、バイナリーオプションで稼ぐことができる人。

結論から言うと、向いているかどうかなんて、やってみないと分からないです。でも、向いていれば、すぐにでも稼げるという思考は危険かもしれません。

しかし、バイナリーオプションに向いている人の傾向。というのは確かにあるのです。

具体例を上げながら、探っていくことにしましょう。

ハイローオーストラリア

バイナリーオプションに向いている人の特徴はどんな人?

バイナリーオプションに向いている人の特徴はどんな人?

バイナリーオプションなんていう、怪しい(笑)投資に興味を持った時点で、すでに向いていると思うのです。社会的な認知度は低いけど、知る人ぞ知るローリスクな投資ですからね。

自由に使えるお金が欲しい、少しでも多く稼ぎたい。そんなあなたには、いいかもしれません。

とはいえ、向いていないなら、さっさと諦めて違う手段で稼ぐ方法を探した方があなたのためでもあります。

すぐにお金がほしい人はバイナリーに向いている

お金が欲しいというストレートな欲望は、成功をもたらす

お金という原動力はとても強いので、お金を稼ぎたいなら、それだけで向いている人。だと思う。

当たり前ですが、無知なままで稼げるほどバイナリーオプションは甘い世界ではありません。

しかし、他の投資に比べてハードルが低いことも確かなのです。

お金を稼ぐためには、勉強することを惜しまない人。そんな貪欲な人は、バイナリーオプションに向いていますよ。

勉強できる人はバイナリーに向いている

バイナリーオプションのに勉強はチャートに慣れるところから

じゃあ、どんな勉強をすればいいのかって話ですが、具体的には分析です。相場を相手にする以上、最低限の知識は必須になります。

分析と言っても、実はあまり難しいことをやる必要は無くてですね。始めはチャートを眺めるところから始めたらいいと思う。

チャートとは相場の流れを可視化したもので、上がったり、下がったりの動きをリアルタイムで見ることができます。

チャートとは1日、1週間、1ヶ月といった期間の株価をグラフ化して見やすくしたものです。ただ、株価を見ただけでは、安いか、高いかを判断できません。そんなときに参考として用いられます。
また、相場のトレンドや過熱状態等を捉えるために活用することもできます。
引用元:SMBC日興証券

チャートを見ながら、イメージするのです。最初は動きの想像は難しいんですけどね。慣れて、動きがイメージできるころには、脱ビギナーです。

このチャート分析は、デモチャートがあるので安心してOKです。登録もいらないので、好きなときに自由に使えますよ。もちろん、今すぐにでも試せます

徹底的な分析をしなきゃって、焦ってあれこれ手を出すくらいなら、まずはデモチャートでいいです。ハイ

試行錯誤が好きな人はバイナリーに向いている

『分析→実行→分析→実行』の試行錯誤

でも、実際にチャートを眺めてるだけでは身にならないので、次は実行に移す段階です。

分析をしていると、勝てそうなパターンが見えてくるんです。そのパターンを試して、行けそうなら戦略として落とし込みます。

たとえば、難易度が高いと言われる30秒取引でも、戦略次第では稼ぐこともできるのです。

【鉄板の2パターン】バイナリーオプションで月3万稼ぐ方法【30秒取引を検証】

ここで注意ですが、相場は生き物なので、ツール類はあまりあてになりません。特に有料ツールは使ってもろくな事にならないのがオチ。あれで儲かるのは販売元だけですww

自分の感覚と相場の感覚がシンクロする。そんな戦略を、試行錯誤しながら見つけるのが好きな人は、バイナリー向きでしょうね。

バイナリーオプションに向いている人がこれからやるべきこと

バイナリーオプションに向いている人がこれからやるべきこと

バイナリーオプションに向いている人の特徴は上記の通りです。では、どんなことをやったらいいのかを確認していきますね。

やるべきことがわかれば、対策も難しくはないでしょう。具体的なポイントは以下の3つ。

☑ 向いている人がやるべきこと

  • 資金管理の徹底
  • ルールを作り、約束を守る
  • 取引を振り返る

資金管理を徹底する

バイナリーオプションはあくまで投資。生活レベルに応じた資金で行うのがベスト

投資で使うことのできる資金がいくらでもあるなら、そもそもバイナリーが向いているかどうかなんて気にならないはず。

手元の資金を効率よく増やすために、バイナリーオプションが正解なのか?ってのを知りたいワケで。

生活レベルに合わせて、毎月いくら投資できるのかを決めておくといいです。生活に支障がない程度に抑えないと、生活自体が詰みます。これは絶対に避けてください。

実際、金融庁も注意喚起をしています。(>>金融リテラシーについて – 金融庁)

ルールを作り、自分との約束を守る

約束→守るもの。ルール→状況に合わせてアップデートしていくもの

バイナリーオプションで稼ぐにはルールを守りましょうね♪なんていう、薄っぺらい情報には何の価値もありません。

守るべきは、自分との約束であって、ルールでは無いのです。ルールはアップデートされるもので、縛られるものではないはず。

⚠ バイナリーあるあるのポジショントーク

  • エントリーは一日◯回までにしましょう
  • 1回のエントリー金額は固定しましょう
  • など

これらは、ポジショントークであって、ルールとは言えません。それより、相場が伸びているときや、自分の戦略にバチッとハマっているときは、攻める姿勢も大切です。

自分との約束はひとつだけ。根拠もなく、なんとなくエントリーしない。

バイナリーオプションでも、人生でも一緒だと思う。自分との約束は絶対に守る。ルールは破られるためにある

取引を振り返る

過去の足跡を確かめることができるのは、振り返ったあなただけである

名言のようですが、誰が言ったか忘れましたww。僕が、いつも頭においている言葉です。

これはけっこう的を射ていて、他人の取引を見てもあんまりアテにはならないんです。だって、状況も違えばエントリーの金額も違う。

参考になるのは、自分が取引したときの振り返りでして。エントリーしたってことは根拠があったはずなんです。

振り返りのコツは、当たったときじゃなくて、外れた取引の方がいいですね。なぜなら、当たりにはマグレもあるけど、外れには理由があるから。

たまたま当たることはあっても、たまたま外れることなんてないもんね

デモ取引でひたすらトライアンドエラーを繰り返す

いろんな取引方法を試して、自分に合ったエントリーを探そう

取引を振り返ってると、このタイミングでいけそうじゃね。みたいなのが必ず出てくるはず。むしろ、思考停止で同じ取引方法しか試さないのは、伸びしろが無くなる一方なんですね。

相場は、時代とともに変化し続けてるんですよ。基本的なところは変わらないですけど。なので、新しいというか、別の引き出しをもっている人は強い。

デモ環境で試すことで、いきなり、本番環境で無謀な挑戦せずに済みます。デモで上手くハマったら、新たな引き出しとして、本番環境にチャレンジすればいのです。

\ 完全無料のデモ取引 /

バイナリーオプションに向いてない人がやりがちなこと

バイナリーオプションに向いてない人がやりがちなこと

向いている人はやらないほうがいいこと。というか、バイナリーで稼ぎたいなら最低限おさえておきたいポイントです。

以下に当てはまるようなら、要注意です。

口座を開設していきなり入金してしまう

バイナリーオプションはお試し期間が∞

僕自身も使ってて、一番人気のハイローオーストラリアなら、無料で試せる期間に制限が無いのです。

最近はサブスクのサービスが増えてますが、Huluでも2週間、Netflixなんか、無料お試し期間ゼロですからね。その点、ハイローのデモ取引は無料で、何度も、いつまでも使えます。面倒な登録も必要ナシで。

むしろ、ゲーム感覚で遊んでもいいくらい。

この記事を読んでいる段階で、まだ登録してなくても、コチラのリンクからすぐにお試しできますよ(https://highlow.com)

とはいえ、すぐに開設、即入金はNGです。順を追って攻略していくことのほうがよっぽど大切。

ギャンブルと勘違いしてしまう

バイナリーオプションはギャンブルではない。でもギャンブル的な要素も、確かにある

ギャンブル好きな人って、攻略法とか、分析が好きだと思うので、個人的には向いていると思うのです。

バイナリーオプションは、ギャンブルより攻略要素が強いので、しっかり経験を積めば大丈夫。なはずww

以下は、僕の黒歴史でもあるパチカス時代から、トレーダーとしてソコソコ稼げるようになるまでの体験談を綴った恥ずかしい記事。

【人生終了体験談】パチスロを辞めたい・バイナリーオプションで再起【ギャンブル依存症】

ギャンブルの何が問題かって、暇つぶしでやるんですよね。暇つぶしで勝てるほど、バイナリーオプションもギャンブルもヌルゲーではないことは覚えておきたいことろです。

妥協して根拠の無いエントリー

なんとなくエントリーをするくらいなら、エントリーしない

繰り返しにはなりますが、大切なことなので、再度言わせてもらいます。エントリーには根拠が必要。

自分との約束を守ることが大事でして。自分の引き出しにあるプランでなければ、勝負にいけないはず。

上手くいっても再現性の無い勝負には、次の勝利は保証されませんのでね。やってみるとわかるんですが、根拠の無いエントリーほど、虚無感しか感じられないものです。

妥協しそうなくらい根拠が薄いときは、エントリーしないという戦略も賢い

バイナリーオプションに向いているか向いていないかなんて、やってみなければわからない

バイナリーオプションに向いているか向いていないかなんて、やってみなければわからない

バイナリーオプションに向いているか、あるいは、向いていないかなんてわかるはずがありません。あえて言うなら、バイナリーを楽しめるかどうか。だと思うのです。

投資にリスクはつきものなので、もちろん損をすることもあるでしょうね。

⚠ バイナリーで負けたときに取る行動

  • 投げやりになる人←向いていない
  • 分析して、次のエントリーに繋げられる人←向いている

勝ったときではなく、負けたときにどう対応するかで、向いているか向いてないかが決まりますね。強めのメンタルがあるなら向いているでしょう。

では、今日はこのへんで。レッツ、バイナリー

ハイローオーストラリア

バイナリーオプション海外業者ランキング

バイナリーオプション海外業者ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です