【裏技あり】ハイローオーストラリアの1日取引を攻略したら、ほぼ確実に勝てる説

ハイローオーストラリアの1日取引ってどうなん?勝ちやすいならやってみたいナ。

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 1日取引がわかる
  • 1日取引で使えるオススメ戦略を紹介

ハイローオーストラリアは、国内業者ではできない短期取引が人気。

ですが、実は長期取引である「1日取引」が稼ぎやすいのでオススメなんですよね。

初心者向けに1日取引のやり方から説明して、最後には、ほぼ確実に勝てる!?とウワサの裏技も紹介していきます。

ハイローオーストラリアの1日取引とは?

ハイローオーストラリアの1日取引とは?

1日取引:エントリーしてから、次の午前6時までの長期取引のこと

ハイローオーストラリアの取引時間は、30秒、1分、1時間、1日などとさまざま。その中でも一番長い取引時間が、この「1日取引」です。

1日取引の特徴

  • 時間帯:午前7時〜午前6時まで
  • 判定時間:午前6時(固定)
  • 取引方法:ハイロー取引orハイロースプレッド取引
  • 向いてる人:バイナリー初心者、大きな利益をドカンと出したい人
  • 向いてない人:短気な人、1日に何度も取引したい人、小さな利益をたくさん出したい人

取引時間帯を見てわかるとおり、1日だから24時間取引というわけではなく、ハイロー営業時間の関係で実質23時間取引です。

また、判定時間は午前6時で固定。つまり夕方エントリーしたら、もはや半日取引って感じですね。

1日取引のメリット・デメリット

1日取引のメリット

  • テクニカル分析で高い勝率を出しやすい
  • 冷静になれる
  • 転売がしやすい
  • ほぼ1日中エントリーできる
  • ハイローオーストラリアの1日取引の最大のメリットは、テクニカル分析が超役立つということ。

    短期取引と比較すると、長期取引は圧倒的に流れを読みやすい。相場のブレや予期せぬ動きも気にしなくて良いので、分析したとおりに予想すれば当たる可能性が高いってわけです。

    新規オープンのラーメン屋に入るより、行ったことはなくても老舗のラーメン屋に入った方が安心じゃないですか。それと同じです(たぶん)。

    1日取引のデメリット

  • 取引回数が少なくなる
  • 指標発表にブチ当たる可能性あり
  • 1日取引のデメリットは、こんな感じです。指標発表は、大物がある日だけ避ければよし。

    もちろんハイローオーストラリアは取引回数無制限のため、エントリーは何度でもできます。つまり、短期取引と組み合わせれば問題ナシ。

    他サイトが「取引回数が少なくなっちゃうよ!」って言ってる理由はコレ↓

    1日取引は最適なエントリータイミングがあって、ぶっちゃけそれ以外は微妙。ということで、取引回数が自然と限られる。

    エントリータイミングのおすすめは、後半で解説します。

    できない時間帯ナシ

    • ハイローオーストラリア営業時間:7:00am-翌6:00am
    • ハイローの1日取引できる時間:7:00am-翌6:00am
    • ハイローの15分取引できる時間:8:00am-翌6:00am

    1日取引は、ハイローの中で唯一、営業時間いっぱいできます。

    会社員でバイナリーやってる人ならわかると思うんですけど、平日朝8時にエントリーってなかなか厳しくないですか。1日取引は開始が1時間早いので、ちょい早起きしてゆっくりエントリーして会社行く、みたいのもアリだと思います。(僕はよくやってた)

    朝の1時間は、マジで大きい。

    転売を賢く使うべし

    1日取引するなら絶対覚えておいてほしいのが「転売」です。

    転売を制するものが、1日取引を制す。

    短期取引だと迷って結局転売しないパターンが多いんですが、1日取引ではゆっくり為替相場を見て判断できます。

    長期取引の魅力はココで、転売を使った取引をメインにするトレーダーもいるほど。

    1日取引なら大きな利益を狙える

    ハイローオーストラリアの1日取引なら大きな利益を狙える

    1日取引のペイアウト率は、短期取引よりも高く設定されています。

    1日取引のペイアウト率

    • ハイロー取引:1.95倍
    • ハイロースプレッド取引:2.00倍

    個人的におすすめは、スプレッドなしの「ハイロー取引」。

    長期取引ほどスプレッド幅が広く設定されているので、スプレッドなしでも勝ちやすい。ペイアウト率も0.05しか変わらないし、無難にハイロー取引にしといた方がいいです。

    ちなみにペイアウト率が満期になるのは、判定時間の翌午前6時。途中で転売など活用することを考慮して、やっぱりハイロー取引がいいというわけ。

    ハイローオーストラリアの1日取引の攻略法

     

    ハイローオーストラリアの1日取引のメリットデメリットがわかったところで、ここからは「どうやって取引したらいいのか?」というやり方・攻略法を解説していきます。

    最後には、絶対勝てる(とウワサの)裏技も公開してますので、よければ試してみてください。

    1日取引のやり方【6STEP】

    ハイローオーストラリアの1日取引のやり方【6STEP】

    ハイロー1日取引のやり方

    1. ハイローにログインし、取引画面を開く
    2. 取引方法を選ぶ(ハイローorハイロースプレッド)
    3. 取引時間「1日」を選ぶ
    4. 取引通貨ペアを選ぶ(USD/JPYが無難)
    5. 取引金額を設定
    6. ハイorローを選んで、取引開始

    ハイローオーストラリアの1日取引は、以上の6ステップです。

    ターボ取引・ターボスプレッド取引に1日取引はありませんので、それだけご注意を。

    1日取引の転売方法

    転売ボタンは下の取引一覧のところで、ここを押すと…

    1日取引の転売方法

    こんなのが出るので、いま転売したときのペイアウト率・戻ってくる額がわかります。

    「転売する」を押せば、転売確定です。

    ハイローの登録がまだの方は、こちらを参考にどうぞ。

    【超簡単】最新ハイローオーストラリアの登録・口座開設は2分で完了します【3STEP】

    【超簡単】最新ハイローオーストラリアの登録・口座開設は2分で完了します【3STEP】

    2020年9月24日

    基本戦略:トレンドに順張り

    基本戦略:トレンドに順張り

    1日取引の場合、基本的にはトレンドの流れに乗る「順張り」でエントリーが王道。

    トレンド相場は上がったり下がったりを繰り返しながら、上昇・下降していきます。短期取引ではその一時的な下落に、タイミング悪くエントリーしてもーた!最悪!ということもある。

    でも、1日取引では全体での流れさえ掴めていればいいので、初心者でも比較的勝ちやすいのです。

    エントリーのタイミングは朝イチ

    エントリーのタイミングは朝イチ

    トレンドに順張りが基本ですが、さらに朝イチのエントリーだと、勝率は格段に上がる。

    朝イチのエントリー→取引時間が長い→転売で勝ち逃げするチャンスが増える

    ズバリこれが理由です。

    夕方にエントリーしてもいいんですけど、判定時間はどっちにしろ固定の翌朝6時。チャンスは半減します。

    【裏技】月曜朝7時の窓を狙うと絶対勝てる!?

    さて、これはあんまり公開したくない裏技なんですが、「月曜朝7時の窓」が超チャンス

    【裏技】月曜朝7時の窓を狙うと絶対勝てる!?

    月曜の朝7時に、終値と始値のローソク足が繋がっていない穴ができます。

    穴のことを「窓」と呼ぶんですが、この窓を埋めるために相場が一度土曜日の終値に戻るんです。

    土曜日の終値の方向へエントリーして、1日のうちどこかでそのラインにタッチしたら、転売で勝ち逃げ!

    「月曜の朝だけ」ですが、1日取引だからこそできる裏技ですね。

    とりあえず、試しにデモ取引でやってみるといいかも。

    ハイローオーストラリアの1日取引のまとめ

    ハイローオーストラリアの1日取引について、最後にまとめます。

    • 1日取引は初心者向け
    • 転売を制するものが、1日取引を制す
    • 転売使って勝ち逃げすればいいよ
    • エントリーは朝イチ
    • 【裏技】月曜朝7時の窓を狙おう

    気づいた方も多いと思うんですけど、1日取引って転売使ったらほぼ確実に勝ち逃げできちゃうんですよねw

    転売したことない人は、デモ取引で一度体験してから、お試しを。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です