【徹底解説】ハイローオーストラリアでマーチンゲール法は使うな!

ハイローオーストラリアマーチンを使いたいんやけど…
絶対におすすめしない。どうしてもと言うなら、俺を倒してからにしろ!
本記事の内容

  • マーチンゲール法の概要
  • ハイローオーストラリアでのマーチンゲール法の取り扱いについて

当記事では、ハイローオーストラリアでマーチンゲール法を使うことのデメリットを余すことなくお伝えします。

マーチンゲール法とは

  • マーチンゲール法のやり方
  • マーチンゲール法が人気な理由
上記2つを解説していくけど、めちゃくちゃ簡単やで。

マーチンゲール法のやり方

下記の要領で、負けても勝つまでベット数を2倍にしていく手法や。
それだけ?神手法やん!
いやいや、見て貰えば分かるけど、1,000円でベットし始めたのに、10連敗後は100万円を超えるベットになるんやで。
マーチンゲール法(11回目で勝った場合)
プレイ回数 ベット金額 勝敗 累計損益
1 1,000 -1,000
2 2,000 -3,000
3 4,000 -7,000
4 8,000 -15,000
5 16,000 -31,000
6 32,000 -63,000
7 64,000 -127,000
8 128,000 -255,000
9 256,000 -511,000
10 512,000 -1,023,000
11 1,024,000 1000
エグすぎる…大量の資金が必要やん!
そういうこと。気になった人は、下記のボタンからデモプレイができるから、マーチン試してみ。肌感覚でこの怖さを理解してほしい。
  1. 下に、少しスクロール

    ハイローオーストラリアのデモプレイ

  2. クイックデモ」をタップ

    ハイローオーストラリアのデモプレイ

  3. 取引を始める」タップ

    ハイローオーストラリアのデモプレイ

  4. Turbo」→「USD/JPY」→「30秒取引」をタップ

    ハイローオーストラリアのデモプレイ

  5. デモ取引画面が表示されました!

    ハイローオーストラリアのデモプレイ

マーチンゲール法が人気の理由

  • 手法がシンプル
  • 1回勝つだけで収支はプラス
  • 負け続ける確率は極めて低い
とにかく最後までやり抜くんや!

この根性で、なんだかんだ勝ててしまうのがマーチンゲール法です。

10連敗する確率は、約1/1024。圧倒的な勝率の高さから、マーチンを神手法と勘違いしてしまうのも仕方ありませんね。

誰でも、「最初は」マーチンで結果が出るんよね。そこから地獄を見ることになる。

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法は禁止

そんな!!!規約で書かれとるんか?
「マーチンは禁止です」と明確な記載はどこにもない。ただ、投資業界には「暗黙の了解」ってものがあるんや。

ハイローオーストラリアでは、月に300万円などの高額な利益を上げ続けると口座を凍結されることがあります。これもまた、規約には記載されていません。

しかし、それで凍結されたプレイヤーは多く存在し、文字通り「暗黙の了解」となっています。

それと同じように、マーチンを使ってはいけない事も暗黙の了解。わざわざ凍結リスクがあることはしないほうがいいで。

ハイローオーストラリアで稼ぎすぎると口座凍結される?出金は可能?

2020年9月25日

そもそも、マーチンゲール法は稼げない

マーチンできないなら、ハイローでのプレイはやめようかな。
マーチンは稼げないから、やる必要がないで。理由は下記の3点。
  • 相当の資金量が必要
  • ハイローの最高取引額は、20万円
  • 1度でも負けたら破産する

相当の資金量が必要

マーチンゲール法(11回目で勝った場合)
プレイ回数 ベット金額 勝敗 累計損益
1 1,000 -1,000
2 2,000 -3,000
3 4,000 -7,000
4 8,000 -15,000
5 16,000 -31,000
6 32,000 -63,000
7 64,000 -127,000
8 128,000 -255,000
9 256,000 -511,000
10 512,000 -1,023,000
11 1,024,000 1000

この表を見れば、かなりの資金量が必要と言うことは一目瞭然ですよね。実際、500万円程度の資金があれば、それなりの勝算はあると思います。

ただ、投資資金(無くしてもいいお金)を500万円も持っている人ってそんなにいないですよね。

この資金を用意しなくてはいけない点が、マーチンの圧倒的なデメリットです。

ちなみに、相続等で大金を手に入れてこのページに来たあなた。悪い事はいわん。マーチンはやめて優良株を買ったほうがいい。覚悟無しに、マーチンに手を出すことはどれだけ資金があっても推奨できん。

ハイローの最高取引額は、20万円

上限がある以上、マーチンゲール法は破産する!

ハイローの1回の最高取引額は、20万円です。つまり、100万円分のベットをするときは、5回ボタンを連打する必要があります。

それで済めばいいのですが、1オプションの最大保有額は500万円。とにかく金させあれば何回でも勝負できるわけではありません。

500万円以上賭けないと勝てない局面を想像してみてください。普通に気が狂うと思いますよ。

1度でも負けたら破産する

マーチンゲール法は、1回の失敗で全てが終了します。

しかも、テキトーに2倍で賭けて勝とうとしてきただけなので、あなたの実力は1ミリも上昇していません。

金は失う、ノウハウも手に入らない。マーチンは最悪の手法ですよ。

え、めっちゃ怖い。マーチンに追われる夢を見そう…
それでいい。最初は、ベット数を固定したほうがいい。実力を高めるんや。

まとめ

✅本記事の結論
ハイローでマーチンは禁止。しかもマーチンは稼げない!
マーチンは、「続けていれば勝てる」気がするだけ。普通に負ける。

ハイローでマーチンをやってみたかった気持ちもわかりますが、ここでマーチンが稼げないことを知れたあなたはラッキーでもあります。

下記ボタンから、デモプレイでマーチンを試してみてください。デモプレイならハイローでマーチンをやっても問題ないので。

マーチンが稼げないという当記事の発言を疑っている人こそやってほしい。破産するから(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です