【簡単】ハイローオーストラリアで勝つのにコツは要らない

ハイローで全然勝てないんだけど?
痛い目にあいたくないのでハイローで勝つコツとかありますか?

今回はハイローで勝つためにコツなんか要らないという話をします。

実際ね、気を抜いて取引をすると私も痛い目に合うんですよ。必要なのはコツではなく忍耐力。「今すぐ取引したい病」さえ克服すれば堅実に資産を増やすことができます。

本記事の内容

  • 勝つ人・負ける人の特徴
  • 勝つためのコツとしてRSIを紹介

ハイローで勝つ人・負ける人

ハイローオーストラリアを含むバイナリーやFXで勝つにはコツ以前に心得ておかなければならないことがあります。

早くハイローで勝つコツ教えろよ。
その忍耐力の無さがハイローで勝てない原因です。たったの3,000文字で説明するので最後まで聞いてください。

ハイローで負ける人の特徴

ハイローで負ける人の特徴

  • 「次こそ絶対に勝つぞ!」と熱くなっている
  • 「とりあえず今日はそこそこ勝てたな」というどんぶり勘定
  • 100回の取引で何回勝つべきかがわかっていない
  • 自分の手法が確立されていない(なんとなくで取引)
  • せっかくコツを掴んでも我慢しきれずノリで取引
大事なのは、自分の手法(コツ)を見つけるよりそれを貫き通す忍耐力です。そして、その忍耐力を持つためには100回中何回勝てばいいのかという明確な目標が必要。
そんなの楽しくないじゃん。ガンガン取引してガンガン儲けたいんだよ。
一回黙りましょうか。勝ってお金を稼ぎたいのですか?それとも、なんとなく楽しんでお金を溶かしたいのですか?

本当に大事なポイントですので必ず押さえて下さいね。

ハイローで勝つ人の特徴

ハイローで勝つ人は掴んだコツを最後まで貫き通す強い意志をもっています。さっきと逆ですね。

ハイローで勝つ人の特徴

  • 勝率と勝つべき回数を理解している
  • 実際の取引記録をつけている
  • 手法(コツ)を信じて冷静に取引ができる
  • 多少負けが続いても急に取引額を変えたりしない
  • 手法(コツ)が使えないときは取引をしない
しっかりと目標/計画を立てて、感情に流されず取引をする忍耐力が必要なんですね。
あなたは見込みあるわね。先にハイローのペイアウト率と勝率の関係をおさらいしましょうか。
語句解説
  • ペイアウト率:勝ったときに支払われる倍率

ハイローで勝つために意識すべき勝率

ペイアウト率 取引時間 最低必要勝率 100回中の勝つ回数
1.85倍 5分/15分 54.06% 55回
1.90倍 1分/3分/1時間 52.64% 53回
1.95倍 30秒/1時間 51.29% 52回
2.00倍 5分~1時間(スプレッド) 50.00% 50回
2.05倍 3分(スプレッド) 48.79% 49回
2.20倍 1分(スプレッド) 45.46% 46回
2.30倍 30秒(スプレッド) 43.48% 44回
自分が取引をする倍率と100回中何回勝てば資産が増えていくかを理解しましょう。なんとなく取引しているようでは、絶対に勝てません。次から勝つための手法について解説します。
やっとかよ。(ボソッ)

ここまでのまとめ

  • 何となくで取引したら負ける
  • ペイアウト率と勝つべき回数を意識する
  • 手法を確立させ、それを貫き通すことがハイローで勝つコツ

ハイローはコツ要らずで勝てる

管理人はこの手法を徹底してからそこそこ勝てるようになりました。負けるときはついつい誘惑に負けてしまい、ルールを守らなかったことが大半です。

チャートやロウソクをいまいち理解していないのですが、そんな僕でも大丈夫でしょうか…?
数字さえ読めれば大丈夫よ。忍耐力さえあれば、さっきの肘ついてる彼でもできると思うわ。

ハイローで勝つならコツ要らずのRSI

今回はRSIという手法をご紹介します。

RSI?はじめて聞きました。
シンプルに言うと相対力指数と言って、相場が上がりそうか下がりそうかを予測する手法よ。MT4と言うツールを使ってRSIを行うの。
語句解説
  • RSI:Relative Strength Index(相対力指数)
  • 相対力指数:相場が上昇、下落のどちらの勢いが強いかを計測
  • MT4:Meta Trader4(相場を予測するのに使えるツール)

一般的なRSIの使い方(MT4/デモ)

RSIのインジケーター
これが、MT4の画面です。この画面を使ってさまざまな手法を試すことができます。

30-70のところに線が引かれています。これはRSIというインジケーターを使った図です。

RSIの一般的な使い方

  • 基本的に30~70の間でグラフは動くと考える
  • 70(上のライン)に触れたら低くなると予想(LOW予想)
  • 30(下のライン)に触れたら高くなると予想(HIGH予想)
簡単じゃねぇか。要はその30と70の数字以外の時に買わない忍耐のことを言ってたんだろ?それぐらい我慢できるっての。さっそくMT4をダウンロードして億万長者になってくるぜ!
そんなことで勝てたらみんな億万長者になってるでしょ?これはあくまで一般的な考え方。もっと精度を高めていく必要があるの。

おすすめのRSIの使い方(MT4/デモ)

ということは、30や70以外の数字を使ったり、条件を加えるということですか?
そういうこと!30/70の数字だけだとイレギュラーが起こって負けてしまう。だから25/75や20/80という数字を使ったり、チャートの形を見て少しずつ判断材料を増やしていくの。下の図を見て。
RSIのインジケーター
30より下の20まで行ってるじゃねぇか!どうなってんだ!?
実は30/70の線が完璧かと言われるとそんなことはないの。20/80など他の数字を使ってもそれは同じ。だから、RSIを使いながらチャートの形などを見る必要があるの。

私が心がけているのは25以下/75以上でグラフがきちんと反転してから買うようにしているということ。上の図だと、30より下がってからそのまま下がり続けてますよね?そういうときはじっと我慢。

上向きにしっかり戻ってから買うことで勝率を数%上げることができます。

ハイローで勝つコツは100%ではない

RSIのインジケーター
RSIを使って勝率73%でした!
RSIだけで月20万円を達成しました!

こんな口コミは本当なのでしょうか?

嘘は言ってないと思います。ただ、必勝法かと言われるとそれも違う。選ぶ銘柄、使う数値(20/80など)、RSIと合わせる指標などは試行錯誤する必要があります。

ちなみに、この記事を書きながら微妙なところで「えいっ」ってエントリーしたら負けました。自制心、忍耐力、鬼のメンタルを装備してください。

初心者がハイローで勝つためにすべきこと

RSIの説明をいくら聞いても理解できるのはほんの少し。実際に触ってみるのが一番です!今からすべきことを説明しますね。

今からすべきこと

  1. ハイローオーストラリアに登録(5分)
  2. 本人確認(30分)を待ってる間にMT4をダウンロード
  3. MT4でRSIや画面の操作に慣れる
  4. 本人確認が終了したらRSIを使ってデモプレイしてみる

ハイローオーストラリアの登録自体は5分で終わりますが、本人確認で30分ほど時間が必要です。先にハイローオーストラリアに登録し、待ち時間にMT4をダウンロードをすると効率的です。

ハイローに本気で勝つためにデモを極める

MT4でRSIをしてみたのですが、デモしないと意味がないですね!実際に2つの画面を操作する時間だったり、金額の設定などに手間取って、買いそびれてしまったり…
ハイローオーストラリアのデモプレイは無料でできるので、何度も練習をして下さい。ハイローで勝つコツを生かすために、デモプレイで操作に慣れましょう!勝つコツというよりは忍耐力と言ってる意味がすぐにわかると思いますよ(笑)
この記事のまとめ

  • 勝つためには冷静な取引が必要
  • 100回中何回勝つべきかなど明確な目標を立てる
  • RSIに慣れるためMT4とデモをダウンロード
  • デモをするために待ち時間があるので先にハイローオーストラリアに登録
  • RSIなどの手法をデモで確認
  • 勝てない勝負はしないという自制心、忍耐力、鬼のメンタルを装備

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です