【悪用厳禁】ハイローオーストラリアは未成年でも登録できます。

ハイローオーストラリアは未成年でも登録できるの?18歳以上と20歳以上どっち?

今回は、未成年でも登録できる裏技を紹介していきたいと思います。

結論から言うと、ハイローオーストラリアの年齢制限は18歳以上です。

なので、18歳の誕生日を迎えていれば、未成年でも登録や取引は可能。テキストハイローオーストラリアの一般的な登録方法はコチラの記事で紹介しています。

本記事の内容

  • ハイローオーストラリアは未成年でも登録できます
  • ハイローオーストラリアに未成年が登録するとどうなる?

ハイローオーストラリアは未成年でも登録できます

ハイローオーストラリアは未成年でも登録できます

ちょっとややこしいのですが、日本と海外で法律上の「成人年齢」が違います。

「成人」と認められる年齢

  • 日本:20歳
  • 海外:18歳

このせいで勘違いされがちですが、海外業者はこの海外の成人年齢を基準にしていることが多いんですね。

ハイローオーストラリアは、未成年・高校生でも18歳以上であれば登録できる。

ハイローオーストラリアは海外基準で、18歳になっていれば登録ができるということです。

「登録は20歳以上から」はウソ

ハイローオーストラリアの「登録は20歳以上から」はウソ

サイトによっては情報が古く「登録は20歳以上」と言っているところもありますが、ウソです。

  • 18歳以上(18歳を含む):登録できる
  • 18歳未満(18歳を含まない):登録できない

日本では「18歳・19歳=未成年」ですが、ハイローオーストラリアでは成人と変わらない扱いとなり、口座開設や取引も可能。

また、高校生なのか・働いているのか、も関係ありません。

高校生でも、18歳の誕生日を迎えていれば登録ができます。

社会人でも18歳未満は登録不可

高校生でも働いていても、18歳の誕生日を迎えるまでは登録できません。

ただ、ハイローオーストラリアのデモ取引は、18歳未満でも使うことができます。

デモ取引とは

  • 架空の資金を使って取引体験ができる
  • 取引の操作方法を学べる
  • 登録なし・完全無料なのでリスクゼロ
  • ゲーム感覚でハマりすぎないよう注意

登録できる18歳になるまで、デモ取引で勉強や練習をしておくといいですよ。

未成年でも登録できるバイナリー業者一覧

業者名 年齢制限
ハイローオーストラリア 18歳以上
ザオプション 18歳以上
ファイブスターズマーケッツ 20歳以上
ソニックオプション 20歳以上
トレード2000 20歳以上
ゼントレーダー 18歳以上
fxbinary 18歳以上(日本人は20歳以上)

海外バイナリーオプション業者の年齢制限一覧です。

言うまでもないですが、国内バイナリーオプション業者の年齢制限は、すべて20歳以上です。

18歳以上20歳未満でも登録できるバイナリー業者

  • ハイローオーストラリア
  • ザオプション
  • ゼントレーダー

未成年がバイナリー業者を選ぶとしたら、この3つですね。

ハイローオーストラリアの取引画面が一番シンプルで、初心者でも簡単に操作できるのでおすすめですよ。

【超簡単】最新ハイローオーストラリアの登録・口座開設は2分で完了します【3STEP】

【超簡単】最新ハイローオーストラリアの登録・口座開設は2分で完了します【3STEP】

2020年9月24日

ハイローオーストラリアに未成年が登録するとどうなる?

ハイローオーストラリアに未成年が登録するとどうなる?

ハイローオーストラリアに未成年が登録すると、

  • 18歳以上:登録・口座開設・取引ができる
  • 18歳未満:そもそも登録できない

未成年で18歳未満の人がハイローオーストラリアに登録しようとすると、以下のようになります。

未成年で18歳未満の人がハイローオーストラリアに登録しようとすると

生年月日の入力画面で警告文が表示され、登録ができません。

未成年でも18歳以上であれば、登録〜取引まで、問題なく全機能を使用できます。

18歳以上なら登録・口座開設・取引ができる

18歳以上ならハイローオーストラリアに登録・口座開設・取引ができる

まず、18歳・19歳の若さで投資に興味があるなんて、素晴らしいことだと僕は思います。

ハイローオーストラリアは18歳以上なら登録できますが、ご両親としっかり相談の上で登録することをおすすめします。

日本で20歳未満は未成年なので、保護者の同意書が必要になる可能性がある。

これはどのバイナリー業者もそうですが、もし未成年が取引して大きな損失を抱えることになった場合や、不正取引や法律に違反する方法で資金調達した場合は、すべて保護者の責任となります。

なので、保護者の同意書、さらに続柄を確認できる住民票などの書類を提出を求められるケースがほとんど。

バイナリーオプションはギャンブルではなく立派な投資ですから、ご両親にきちんと説明してみてくださいね。

日本の成人年齢引き下げについて

2022年4月1日から、日本の成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることが決定しています。これが予定通り施行されたら、ハイローオーストラリアでも、18歳以上なら同意書の提出が必要なくなるかもしれませんね。

年齢偽装は絶対にバレます

本人確認書類の提出が必須なので、その時点で即バレる。

未成年・18歳未満でも、ウソの生年月日の入力すればいける?と思うかもですが、絶対にバレるのでやめましょう。

偽装は犯罪です。軽い気持ちでやらないこと。

未成年がハイローに登録する際の3つの注意点

未成年がハイローに登録する際の3つの注意点

  • まずは保護者に相談
  • 資金管理をしっかりしよう
  • 損失は保護者に請求が行きます

未成年で18歳以上のあなたがハイローオーストラリアに登録するなら、この3つを覚えておきましょう。

バイナリーオプションは投資であり、ギャンブルではありません。

ただ、まだお金の知識が少ない未成年は、資金管理ができすに失敗する可能性が高いです。

損失があった場合には当然ご両親に請求がいきますし、最悪の場合はご両親の会社や親戚に請求がいくこともあります。

そこまで理解した上で、登録しましょうね。

【悪用厳禁】未成年がハイローオーストラリアに登録するには

【裏ワザ】未成年がハイローオーストラリアに登録するには

未成年で18歳未満の人は、ハイローオーストラリアに登録することはできません。

ただ、以下の方法なら、18歳未満でも登録できる可能性があります。

  • 家族や友人から名義を借りる
  • 口座貸しを利用する

口座貸しというのは、口座を貸してくれる闇業者がいて、利用料を払って他人の口座を貸してもらうということ。

闇業者なので、もちろんそこそこの利用料をとられます。

他人名義で取引をすることは不正行為

大前提として、家族のものであっても他人名義で取引をすることはハイローオーストラリアでは不正行為とみなされます。

不正行為がバレたら即口座凍結。さらに利益が全て没収されます。

最悪の場合、登録できる年齢になったのに二度と登録できない、ということもあります。

バレない可能性はゼロではないので、そういったリスクを承知した上で、十分注意を。

18歳未満の未成年でもデモ取引はできます

18歳未満の未成年でもデモ取引はできます

先ほども説明しましたが、18歳未満なら大きなリスクを背負って登録するのではなく、デモ取引で練習して誕生日を待つ方が、賢い選択ですよ。

まずはハイローオーストラリアのデモ取引で、取引練習しよう。

また、18歳以上でも、バイナリー初心者がいきなり本取引すると確実に負ける。(僕の体験談)

完全無料のデモ取引で、安定して勝てるようになるまで練習することをおすすめします。

【まとめ】ハイローオーストラリアは未成年でも登録できる

【まとめ】ハイローオーストラリアは未成年でも登録できる

  • ハイローオーストラリアの年齢制限は18歳以上です
  • 未成年の登録は、保護者の同意書が必要です
  • 18歳未満でも、デモ取引はできます

こんな感じです。

ハイローオーストラリアを未成年で登録しようなんて、なかなか素晴らしい思考の持ち主だと思います。

(僕が18の頃なんて、どうやって隣のあの子のパンツを見るか、しか考えてなかった。)

一緒にバイナリーライフを楽しみましょう。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です