【両建て禁止】知らないと損するハイローオーストラリアの落とし穴

【両建て禁止】知らないと損するハイローオーストラリアの落とし穴
ハイローオーストラリア、「両建て」ってやつ使うと勝ちまくれるってマジ?
うんマジ。でもハイローが対策して、今は両建て禁止。使っちゃダメなんよ。
本記事の内容

  • 【悲報】ハイローオーストラリアで「両建て」が禁止されました
  • 【注意】ハイローオーストラリアで両建てすると100%口座凍結されます
  • 【対策】どうしてもハイローで両建てを使って稼ぎたい方向けの方法は?

ども、管理人です。

2020年9月、ハイローオーストラリアで両建てエントリーが禁止となりました。

ネット上には今だに『ハイローは両建て推奨!』だの『口座凍結覚悟で両建てをやれ!』だの言ってるヤバいページがありますが、現在は全くおすすめできない方法です。

両建ては確かに稼げる手法ですが、使用すれば間違いなく口座が凍結。

本記事では両建てが禁止された経緯と、今後の僕らに求められる対応をまとめました。

これからは両建てを使わず利益を出していくしかない。その辺の方法論も解説するわ。

【悲報】ハイローオーストラリアで「両建て」が禁止されました

ハイローの禁止行為(契約条件より)

  • 自動売買ツールの使用
  • シグナル配信の使用
  • スキャルピング行為
  • 仮想サーバーでの取引
  • 両建てエントリー←2020年9月追加

上記のとおり。

ハイローオーストラリアに禁止行為が追加されるのは珍しいことです。

以下、少し長いですが公式サイトより引用。

お客様は、実行すると私たちの適用法令違反となる疑いのあるオプション、もしくは私たちまたは他の人に適用法令違反を犯させることになる疑いのあるオプションを行うように、注文指示を出してはなりません。
適用法令(い かなる法令もしくは規則も含みますが、これらに限定はされません)が関連しているのは、以下の事項です: (a) 市場操作、虚偽の取引、市場不正操作、架空取引、ブラックボックス取引、スキャルピング、偽装売買、もしくは両建注文
Highlow.com契約条件

文末に「両建注文」が追記されてるんよね。

誰でも勝てるチート手法だったことが原因

そもそもなぜ両建てが禁止されたのか?理由はシンプルに、マジで勝てるからです。

そのためネット上に『両建てで稼げるよ!』という情報があふれました。

初めての方でも簡単に利益を出せる方法だったこともあり、両建てする人が爆増。

ハイローオーストラリア側からすると『このままじゃ潰れる…』というレベルで勝たれてしまったため、やむなく禁止行為に追加せざるを得なかったという状況です。

ぶっちゃけ、内緒にしとけば良かったんですよ…(笑)

ハイローは両建てで簡単に稼げた【過去の実績公開】

両建てとは?

  • High/Lowの両方に同時エントリー
  • どちらかは確実に当たる
  • ペイアウト率と回数の暴力で強引に利益を出せる

一応、知らない人のために両建てエントリーについて解説。

特に難しい分析は不要で、機械的にHighとLowにエントリーピンを立てる手法です。

両建ては、High/Lowの両方に同時にエントリーピンを立てます

両建てにより、HighもしくはLowのどちらか一方が的中。ペイアウト率2倍超えにより1回ごとに少しずつですが必ず利益を出すことができます。

両建てを繰り返すだけで、誰でも簡単に稼ぐことができます

はい。こんな感じですね。

恐ろしいほどに安定感抜群の勝率を叩き出すわけです。

加えてハイローオーストラリアは業界トップレベルにペイアウト率が高い。1回の両建てで2000~3000円ほど稼げるので、日によっては新卒の給料分くらいを稼げてしまうほどでした。
この方法がネットを介して広く知られすぎて、禁止になった感じなんよね。

【警告】ハイローオーストラリアで両建てすると口座凍結します

先述のとおり圧倒的に稼げる手法ではあるものの、まず間違いなく口座凍結をくらうことになります。

一度口座凍結されたら、その後の取引はもちろん出金すら不可能。

いくら稼げても、凍結されてしまえばゲームオーバーですからね。

今後は両建てを一切使わないこと

今まで口座凍結されていなくても、今後は両建てを使わない方が無難です。

恐らく、最も危険なのはすでに両建てを使用している人。

ネット上には今なお「両建て推奨派」のサイトが多く、鵜呑みにしている投資家も多いはずです。

両建てが禁止されたのがわずか半年前なので仕方ないですが、そろそろ『知らなかったじゃ済まされない』時期になってることが予想されます。一斉口座凍結もあるかもしれません。
俺も年明けまで禁止されたのに気付かなかったからね。注意。

どうしても両建てしたい場合の「抜け道」は?【結論:ない】

残念ながら「口座凍結を覚悟の上」で両建て用のサブ口座を作るくらいしか方法がない状況です。

間違っても、現在お使いのアカウントでは両建てをしないこと。

今メインの口座をお持ちの方はこちら(口座開設ページ)からサブ口座でやるか、もしくは「もう両建ては使わない」という方針を取ってください。

※しかしながら「一人が複数口座を使用する行為」もハイローオーストラリアでは禁止とされてますからね…。最悪、メイン・サブともにBANされる危険性があります。

IPアドレス(ネット上の住所的なもの)から同一人物だとバレる可能性があり、リスクは大きい。

サブ口座での両建ても、全く安全とは言い難い方法なのでマジでおすすめしません。

「禁止」になった時点で、もう両建ては使わない方が良いと思うね。

ハイローオーストラリアを両建てなしで攻略する方法

まず覚えるべき手法

  1. トレンドに対し順張りエントリー
  2. パーレー法などの資金管理術
  3. トレーダーズチョイスの活用

これからハイローを始めるなら、上記の手法を使った方が良いです。

両建ては禁止ですが、他の手法を使って利益を出すことを考えればOK。

順番に、サクッと紹介します。

その①|トレンドに対し順張りエントリー

チャートが上がっていればHigh、下がっていればLowに賭ける、基本的なエントリー手法です。

口座開設したての初心者が、まずマスターすべきなのが順張り。

トレンド相場を探し、乗っかる形でエントリーする手法を覚えましょう。

【王道】ハイローオーストラリア初心者は「順張り」で攻略【実践してみた】

2021年3月18日

↑上記記事で詳しく解説してます。

※なお順張りを使用する場合「トレンド発生しやすい時間帯」を知っておくとさらに有利。詳しくは【取引前に知っておきたい】ハイローオーストラリアの勝てる時間帯の記事も合わせてどうぞ。
順張りは初心者からプロまで皆が共通で使う手法。取引するなら必須科目やね。

その②|パーレー法などの資金管理術を使用

パーレー法とは?
通称「逆マーチンゲール法」
前回取引で得た利益を次の取引にBETする方法
初回の資金を少なくできるので、リスク管理が可能

上記のとおり。

詳しくは以下の記事で解説してます。

【コスパ神】ハイローオーストラリアでパーレー法を使って1000円を28倍にした話

2021年4月19日
パーレー法やグッドマン法など、ハイロー取引には「資金管理術」がよく用いられます。適当に掛け金を決めるのではなく、根拠を持って掛け金をコントロールするのがコツ。
これからハイロー取引に挑戦する人は『1回にいくら使うか?』をしっかり考える癖をつけると良いよ。

その③|トレーダーズチョイスの活用

トレーダーズチョイスとは?

  • 取引画面の左側に表示される赤・緑のバーのこと
  • 初心者でも使える入門分析ツール
  • High/Lowの予想に役立てることができる

トレーダーズチョイス

ハイローオーストラリアが独自に提供する、無料のツールです。

投資家のHigh/Low予想の動向を、リアルタイムでチェックできる機能。

予想の助けになるんで初心者は参考にするのがおすすめ。「85%以上」で信頼度がグンと増す感じでして、詳しくはハイローオーストラリア初心者はトレーダースチョイスで攻略!実践結果を公開の記事にまとめました。
こんな風に、両建て以外の方法で利益を出していこう。

まとめ|ハイローオーストラリアは両建て禁止

本記事のポイントをまとめておきます。

  • 2020年9月、ハイローオーストラリアで両建てが禁止に
  • 稼げる手法ではあるものの、口座凍結される危険性があるので使わないこと
  • 『どうしても!』という方はサブ口座作成(非推奨)、そうでなければ他の手法を使おう

上記のとおり。

残念ながら、両建てを使った安定利益はもう「非現実的」かなーと。

禁止なのを知ってか知らずか『両建てで簡単に稼げる!』と煽り続けたままのサイトも多い。それを信じて口座凍結される人がいるとアレなんで、本記事にてまとめた次第ですね。

参考になれば幸いです。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です