【最新】ハイローの税金対策 無視したら利益が消えました

ハイローで稼いだら税金をどれくらい持って行かれるんやろか?
ハイローオーストラリアとかの海外業者は、国内業者より安く済むかもよ

今回は、ハイローオーストラリアにかかる税金について、分かりやすくまとめました。

「 海外業者だから、申告しなくても大丈夫だろ 」って思ってたら、エグい額になったんで、気を付けて下さいね。

ハイローオーストラリアにかかる税金は、国内業者と少し違う

ハイローオーストラリアにかかる税金は、少し違う

ハイローハイローオーストラリアは海外業者なので、国内業者を使った時とは、税金のルールが違います。

✅ ハイローオーストラリアにかかる税金の特徴

  • 前年の損失を繰り越し出来ない
  • 利益が一定額以内なら、国内業者より安く済む
  • PCの購入などを経費扱いに出来る

税金は1月1日~12月31日までの利益に対して、かけられます。

ハイローオーストラリアの年間利益を確認する方法

1年分の取引履歴の合計を出すと、確認しやすいですよ。

✅ ハイローオーストラリアの年間収益を確認する方法

  1. ログイン
  2. マイページの取引履歴をクリック
  3. オプションの種類とステータスは、「全て」を選択
  4. 期間は、1月1日~12月31日
  5. 右上のダウンロードから、PDFを選択してダウンロード

エクセルで出すと、計算がメンドイんで、PDFで出しましょう。

✅ 年間利益の計算式

ペイアウト合計 - 購入合計 = 年間の利益

利益がマイナスなら、収入0なんで、申告なし。納税の義務も無いです。

まぁ、当たり前の事っすけどね

確定申告をしなければいけない額

ハイローオーストラリアで一定額を超える額を稼いだ場合、確定申告しないとダメです。

職業 限度額
会社員 パート アルバイト 個人事業主 20万円
専業主婦 大学生 専業トレーダー 38万円
給与所得が年間2000万円以上は必ず申告

ピッタリは、申告不要ですよ。

✅ 給与所得とは

振り込まれた給料額 - 給与所得控除額 = 給与所得

毎月、自分の口座に振り込まれる額ではないです。

注意するべき点が、2つあります。

  • 仕事を掛け持ちしてる人は、自分で確定申告をする事
  • 扶養のままで居たいなら、『給与所得+ハイローの利益』を38万円までに

ハイローにかかる税金は、人によって違う

ハイローオーストラリアの税金は、総合課税ってものに当てはまり、利益が増えれば増えるほど所得税が高くなります。

  • 国内業者 一律20.315%
  • ハイローオーストラリアなどの海外業者 5%~45%

だから、めっちゃ稼ぐ人にとっては不利なんすよ。

では、ハイローオーストラリアの税金は、所得でどのくらい違うか、見てみましょう。

所得額 控除額 税率
195万円以下 0円 5%
195万円以上~330万円以下 97,500円 10%
330万円以上~695万円以下 427,500円 20%
695万円以上~900万円以下 636,000円 23%
900万円以上~1,800万円以下 1,536,000円 33%
1,800万円以上~4,000万円以下 2,796,000円 40%
4,000万円以上 4,796,000円 45%

所得税の計算方法は

(所得額 - 控除額)× 税率

【 注意 】所得額は、ハイローの利益だけじゃなくて、他の所得と合計して計算します。

なので、勘違いしないように。

以上の表から、所得額を695万円以下に抑えれば、国内業者を使うよりも、納める税金の額は安く済みます。

✅ 所得税の比較(国内と海外)

給与所得400万円 バイナリー国内業者の利益200万円

(400万円-427,500円)×20% + 200万円×20.315% = 1,120,800円

給与所得400万円 ハイローの利益200万円

(400万円+200万円-427,500円)×20% = 1,114,500円 6,300円得

ぶっちゃけ、平均年収(2018年調査)が441万円なんで、並の会社員の人がハイローで300万円稼いでも、国内業者より税金が安く済みます。

※年収441万円の給与所得は、290万円程です。

だから結局、ハイローオーストラリアが最強なんすよね

ハイローオーストラリアにかかる他の税金

ハイローオーストラリアにかかる他の税金

他に、住民税と復興特別所得税を納める事になってます。

ハイローオーストラリアで利益が出た場合、どう税金が計算されるか、解説します。

住民税の計算方法

(給与所得 + ハイローの利益 - 控除額)× 10%

住民税の控除額は、所得税とはまた別です。

地域によって税額に少しだけ差はありますが、都道府県と市町村を合わせて、全国ほぼ10%になってます。

横浜市は少し高くて、名古屋市は、少し安いっすよ

復興特別所得税の計算方法

所得税 × 2.1%

復興特別所得税は、2037年まで取られる特別な税金です。

2011年の東日本大震災の復興のため、2013年から始まった税金なんすよ。

あの財務省が25年で止めるかどうか、知らんけどね

これは、計算が単純で分かりやすいですね。

ハイローオーストラリアにかかる税金の合計

ハイローオーストラリアにかかる税金の合計

所得税 + 住民税 + 復興特別所得税

となってます。稼げば稼ぐ程、税金が増えます・・・。(笑)

えげつないな・・・
でも、僕は年間せいぜい200万円くらいなんで、国内業者を使うより税金安く済んでますよ

ハイローの税金を抑える方法

パソコンの購入を経費として計算する事で、抑える事が出来ますよ。

1年で100万円の利益を出した。

取引に使うパソコンを15万円で買ったから、純粋な利益は85万円として申告します。

こういう事が出来るんですよ。

ただし、10万円以上のパソコンは、一括で経費として計算できません。

✅ 経費として計算できるもの

  • パソコンや、その周辺機器
  • 勉強のための本
  • セミナー代金や交通費など
  • 記録のためのノートや文房具
  • 通信費や光熱費
  • 家賃
  • ツール

でも、プライベートとの区別が難しいものは、全額を経費として計算出来ません。

  • 通信費
  • 光熱費
  • 家賃

主に、以上の3つは、取引していた時間などで割合を出して計算します。

✅ 経費として認められるためのポイント

  • 基本的には領収書(レシート)が必要
  • 交通費の領収書は、お願いすれば基本的にもらえます
  • ICカードの場合は、券売機で使用履歴が印字できる
  • 税務署で聞かれた時のために、証拠を出来るだけ残しておく

まとめ ハイローの税金は国内業者より安い

ハイローの税金は国内業者より安い

ハイローオーストラリアの利益にかかる税金について解説しました。

✅ ハイローの税金のポイント

  • 一定額内なら、国内業者よりも税金が得
  • 所得税 住民税 復興特別所得税を納める
  • 税金は、1年間ごとの利益で決まる
  • 損失を、翌年に繰り越せない
  • 必要経費を計算する事で、税金を抑えられる

税金の申告方法は、3種類あります。

書類提出 税務署提出 e-Tax
メリット PCで入力したのを送る 直接質問できる 全部ネットで出来る
デメリット 郵送が手間 行くのが面倒 準備が大変

3つの中では、e-Taxが手軽です。

確実なのは、税務署に行く事なんすよね。

でも、申告の時期はメチャクチャ混むんで、僕はe-Taxで済ませてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です