バイナリーを快適に行うノートパソコンの性能とは【選び放題】

初心者
バイナリーオプションの取引のためにノートパソコン買おうかなって思ってんだけど、どんなのが良いの?
管理人
特にこだわる必要は無いけど、最低限必要な性能は教えるね
本記事の内容
  • バイナリーオプション取引用のノートパソコンに必要な性能

それでは、バイナリーオプションで稼いでる人たちが必ず利用している、ハイローオーストラリアで取引する事を前提に説明します。

ノートパソコンはWinかMacか

ノートパソコンはWinかMacか

迷わず、Windowsです。

✅ Windowsを選ぶべき理由

  • チャート分析ソフト(MT4)が、Macに対応していない
  • Macは値段が高すぎる

だから、WindowsでOKです。

バイナリーオプション取引に必要なノートパソコンの性能

バイナリーオプション取引に必要なノートパソコンの性能

ぶっちゃけ言えば、家電量販店に行って、気に入ったノートパソコンを買えば、ハズレません。

ですが、無駄に高いノートパソコンを買う必要は無いので、最低限必要な性能だけは教えておきますね。

✅ バイナリーオプション取引に、最低限気にするべき点

  • 画面の大きさ
  • CPU
  • メモリ数

以上の3つはチェックしましょう。

それでは、以上3つの性能がどれだけ必要か、何故必要なのか解説します。

画面の大きさ

画面の大きさ

バイナリー取引に必要なノートパソコンの画面の大きさは、14~15インチ。

  • 13インチは小さい
  • 15インチを超えると、重くなるし、大きすぎる

13インチのノートパソコンは、A4サイズよりも一回り小さいです。

画面は更に小さいので、取引には向きません。

インチのサイズ表
横幅 縦幅
13inch 28.73cm 16.18cm
14inch 30.94cm 17.42cm
15inch 33.15cm 18.67cm

チャートも同時に見るとなると、取引画面が小さくなって見づらくなります。

なので、14~15インチをオススメします。

CPU

CPU

バイナリーの取引に必要な処理速度・CPUの強さはとても重要です。

ですけど、よっぽど古いノートパソコンでなければ、特に問題は無いですよ。

  • クロック数1.8GHz
  • コア数2
  • スレッド数2

バイナリーオプションの取引だけなら、こんな低スペックでも大丈夫です。

初心者
低スペックって言われても、分からんわ

売ってるノートパソコンで、これより下のものは滅多に無いんですよ。

ようは、バイナリーの取引にハイスペックなCPUは必要が無いよ。って事。

なので、あなたの予算次第です。

もちろん、数字が大きい程、ハイスペックですよ。

CPUの補足説明

✅ クロック数とは

CPUの処理速度の事。

レストランのキッチンで例えると、料理人の動ける速度

✅ コア数とは

CPUが同時に処理出来る数の事。

レストランのキッチンで例えると、料理人の数

✅ スレッド数とは

CPUが同時に処理出来る、最大数の事

レストランのキッチンで例えると、コンロの数

メモリ数

メモリ数

メモリ数は、最低でも8GBは搭載しましょう。

✅ 8GB搭載の理由

  • Windowsは更新が付き物
  • 最新のWin10は8GBくらいないと動作がツラい

以上の理由から、8GB以上のものを選びましょう。

✅ メモリとは

パソコンの作業能力の事

レストランのキッチンで例えると、キッチンの広さ

メモリは以下のような表記をしています。

  • DDR4-2666
  • DDR3-1600

DDR3-1600とか書かれている部分に「8GB」と、容量が書かれてますよ。

HDDやSSDではないので気を付けましょう。

ノートパソコン性能の補足説明

ノートパソコン性能の補足説明

  • HDDやSSD
  • 無線LAN回線

以上の2点について説明します。

HDDやSSD

容量は、256GB~512GBあれば十分です。

✅ HDDやSSDとは

ノートパソコンの電源が切れても、データを残しておく場所の事

HDDとSSDの違い
項目 HDD SSD
読み込み速度 普通 速い
耐久 強め 普通
値段 SSDより安い HDDより高い

256GB~512GBあれば十分なんで、HDDやSSDもあなたの予算次第です。

売っている商品なら、256GB~512GB以上の性能は余裕でありますよ。

無線LAN回線

無線LAN回線

特にノートパソコン側で悩む事は無いですが、バイナリーの取引をするなら、光回線の契約をするべきです。

ノートパソコン側で悩む事が無い。というのは、無線LANの規格は、どれもほぼ同じだからです。

IEEE802.11a/b/g/n/ac

みたいな事が表記されてます。中古の古いパソコンだと、「ac」が抜けてる場合がありますが、抜けてても十分です。

大事なのは、ネット回線の契約の方です。

繋がりやすく、最大速度の速い光回線を契約しましょう。

バイナリーオプション取引に必要なノートパソコンの性能とは

バイナリーオプション取引に必要なノートパソコンの性能とは

以上の事をまとめると

✅ バイナリーオプションの取引に必要な、ノートパソコンの性能

システム Windows
画面サイズ 14~15インチ
メモリ 8GB以上
CPU 予算次第
HDD・SSD 予算次第
ネット回線 光回線を契約する事

以上が、必要な性能です。

こだわりすぎなければ、5万円くらいで、良い感じのノートパソコンが買えますよ。

スタバでノートパソコン開いて、コーヒー飲みながら取引なんて、憧れますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です