【税金対策】ハイローオーストラリアでの利益を確定申告しない方法!

ハイローオーストラリアに興味はあるけど確定申告がマジで怖い…知らず知らずのうちに脱税してないやろか…
確定申告しない方法はあるから安心してな。
本記事の内容

  • ハイローオーストラリアでの利益を確定申告しない方法
  • ハイローオーストラリアでの利益の確定申告について

ある条件を満たすとハイローオーストラリアで、確定申告する必要がなくなりますので、ご紹介していきますね。

ハイローオーストラリアの利益は課税対象

ニワカ
ハイローは海外のサービスだから出金しなければ課税対象じゃない!

こんな事を書いてあるサイトがありますが、これ、マジで嘘ですからね。鵜呑みにしたら普通に犯罪です。最悪の場合…

ワイは知らなかったんや!知らなかったんや!信じてくれぇ!!!
税務署の人
無理や。お前の人生、チェックメイトやな。

なんてことにもなりかねません。

さて、この事実を踏まえつつ、どうやったら「合法的」に確定申告しないで済むのでしょうか。

ハイローオーストラリアでの利益を確定申告しない方法

ハイローオーストラリアで確定申告しない方法

  • 【給与所得者】利益を年間20万円以下にする
  • 【非給与所得者】利益を年間48万円以下にする
  • 【個人事業主】利益を年間20万円以下にする

上記を守ることで、確定申告は不要になります。

【給与所得者】利益を年間20万円以下にする

  • サラリーマン
  • アルバイト

上記のような、給与所得を受け取っている方は、給与所得以外の所得が1年間で20万円以下であれば確定申告をする必要がありません。

給与所得者は、会社が年末調整を行うため、確定申告は原則として不要ですが、ハイローオーストラリアでの利益が20万円を超えた時、確定申告をする必要があります。

年間20万円ということは、1ヵ月に1万6000円程度の利益やな。

【非給与所得者】利益を年間48万円以下にする

  • 専業主婦
  • バイトをしていない学生

上記のような、どこからも金銭を得ていない方は、ハイローオーストラリアでの利益が1年間で48万円以下であれば確定申告をする必要がありません。

年間48万円ということは、1ヵ月に4万円稼いでOK。学生ならこれで十分やな。
注意
多くのサイトで、38万円までと書かれていますが、2020年からは、48万円が正しい値です。誠に残念ですが、他サイトでは、ろくに調査もせずに格安のライターが記事を書いていることが多く、信用できる記事はほとんどありません。

【個人事業主】利益を年間20万円以下にする

個人事業主の方は、ハイローオーストラリアでの利益が1年間で20万円以下であれば確定申告をする必要がありません。

ただ、個人事業主の方は毎年、確定申告されていると思いますので、そこまで確定申告を恐れる必要はないかと。

20万円以上の利益を出せそうなら、ご契約している税理士様にお問い合わせください。

まずはデモプレイで試してみよう

まずはデモプレイで試してみよう

さて、正直なところ…

  1. ハイローに興味を持つ
  2. 確定申告にリスクを感じて調べる
  3. 当サイトでじっくりと内容を読んでいる

上記の行為を能動的に行ったあなたは、何も考えている人間と比べて明らかな素質がありますよ。

これはガチでそう思ってる。

その素質を活かすためにも、今すぐ、デモプレイからバイナリーオプションを始めたほうがいいですよ。

どれだけの素質を持っていたとしても、使わなかったら錆びれますのでご注意を。

  1. 下に、少しスクロール

    ハイローオーストラリアのデモプレイ

  2. クイックデモ」をタップ

    ハイローオーストラリアのデモプレイ

  3. 取引を始める」タップ

    ハイローオーストラリアのデモプレイ

  4. Turbo」→「USD/JPY」→「30秒取引」をタップ

    ハイローオーストラリアのデモプレイ

  5. デモ取引画面が表示されました!

    ハイローオーストラリアのデモプレイ

ハイローオーストラリアでの利益の確定申告について

ちなみに、確定申告することになったらいくら払うん?
1円単位で話しても伝わらないと思うんで、ザックリと流れを説明するで。

確定申告するつもりがなくても、もしもに備えておくことは重要ですので、最後に確定申告について触れておきます。

  • 所得税の税率
  • 雑所得の税率の決め方
  • ハイローオーストラリアの確定申告方法
注意
所得税の他にも、住民税等を収める必要がありますが、本記事では話が複雑になるため、最も重要な所得税のみを解説します。さらに踏み込んだ話は、税務署に問い合わせるのが間違いないですよ。

所得税の税率について

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円 以上 45% 4,796,000円

上記は、所得税の税率を示した表になります。これをもとに話を進めるのでザックリ見てみてください。

利益額で税率が変わるって認識でOK?
OK牧場。

雑所得の税率の決め方

まず最初に、ハイローオーストラリアでの利益は「雑所得」という種類に分類されます。この雑所得ですが、

  • 給与所得者
  • 非給与所得者

で税率が変わるのが特徴です。

具体例を出すと、

  • 給与所得:500万円
  • ハイローでの利益:200万円

この場合、500万円+200万円で700万円なので、「6,950,000円 から 8,999,000円まで」の税率である、23%の税率で納税をすることになります。

  • 給与所得:0円
  • ハイローでの利益:200万円

こちらの場合ですと、「1,950,000円 から 3,299,000円まで」ということで税率が10%になります。

雑所得の税率は、給与所得も含めた上で計算するのか!
その通り!

ハイローオーストラリアの利益の確定申告方法

  • 確定申告書類を自作して税務署に郵送
  • e-Taxでインターネット上で確定申告
  • 税務署で直接、確定申告書類を作成

確定申告は、1月1日~12月31日までの売上などを来年の2月16日~3月15日の間に申告します。

さて、どの方法で申告するかですが、あなたに簿記3級程度の知識があるなら、

  • 確定申告書類を自作して税務署に郵送
  • e-Taxでインターネット上で確定申告

上記のどちらかで、確定申告をしても問題ないでしょう。反対に、

ぶっちゃけ、ここまでの解説の意味がわからない…

という方は、税務署で直接、確定申告書類を作成することをおすすめします。

税務署の職員に相談しながら、確定申告を行う事ができるので間違いないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です