【最新】ハイローオーストラリア口座開設の手順【写真付き解説】

【最新】ハイローオーストラリア口座開設の手順【写真付き解説】
ハイローオーストラリアの口座開設、めんどくさそう。
大丈夫。3分あれば終わるよ。
本記事の内容

  • ハイロー口座開設に必要なもの2つ
  • 口座開設の手順【PC・スマホどちらでもOK】
  • ハイローオーストラリア取引のやり方【操作方法を解説】

ハイローオーストラリアは2020年の規約改定により、さらに口座開設にかかる時間が短くなりました。

口座開設の手順、そして取引のやり方をまるっと解説します。

現時点で「口座開設しよかな…?」と悩んでいるってことは、遅かれ早かれ挑戦することになりそうですよね。いま登録だけでも済ませておけば、あとは取引するのみなんで後がラクですよ。

本記事では、画像付きでイチから手順を説明。

忘れないうちに、一緒に手を動かしていきましょ。

あとからまた調べるの、ダルイもんね・・・w

ハイローオーストラリア口座開設に必要なもの

  • メールアドレス
  • 本人確認書類(写真付き)

上記2点のみ。

以前は住所確認のために「郵便物の写し」も必要でしたが、2020年1月に廃止。

より手軽に口座開設できるようになりました。

ただし18歳未満はダメ。法律違反になるからね。

用意するもの①|メールアドレス

Docomoやauなどの「携帯キャリアメール」は使用できないので注意です。

ハイロー口座開設に必要なのは、フリーメールアドレス。

無料で取得できるので、まだ持ってない方はサクッと作っておきましょう。

✅有名フリーアドレス(クリックで作成画面へ)

ハイローオーストラリアからのお知らせが届くので、メルアドの登録がいるんですよね。

もちろん「捨てアド(普段使ってないメールアドレス)」でもOKですよ。

写真付きの本人確認書類

使える書類は下記3つ

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. マイナンバーカード(通知カードは不可)

上記のうち、どれか1つがあればOK。

スマホで撮った写真をハイローに提出。本人確認が取れ次第、口座開設が完了します。

1つ補足として、「どの写真を提出するか?」で審査にかかる時間が若干変わるんですよね。

提出書類 審査にかかる時間
運転免許証 即時に審査完了(1~2分)
パスポート 即時に審査完了(1~2分)
マイナンバーカード 審査完了まで1~2営業日かかる

すぐに取引をスタートしたいならば、免許証かパスポートを用意するのがおすすめです。

そういやマイナンバーカード、先月ようやく作ったわ(笑)

ハイローオーストラリア口座開設の手順

3つの手順で口座開設できます

  1. ハイロー公式サイトにアクセス
  2. 口座開設画面で必要事項の入力
  3. 本人確認書類(写し)の提出

スマホでもパソコンでも、どちらでもOK。

画像付きで流れを解説するんで、参考にしてください。

手順①|ハイロー公式サイトにアクセス

まずはハイローオーストラリアの公式サイトへ。

「口座開設はこちら」のボタンから、手続きを始めていきましょう。

ハイロー公式サイトの「口座開設はこちら」ボタンの位置を示す画像

偽サイトが増えてるから、写真と同じ画面かしっかり確認!

手順②|口座開設画面で必要事項の入力

入力すること

  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 住所
  • 生年月日
  • 携帯電話番号

上記のとおり。よくある「申し込み手続き」ですね。

サクサクやっていきましょ。

✅1ページ目|名前・メルアド・パスワード

1ページ目|名前・メルアド・パスワード

※パスワードは取引画面へのログインに使うもの。自由に決めてOKですが、英語と数字混合・6文字以上が必要です。

✅2ページ目|住所・生年月日・電話番号

2ページ目|住所・生年月日・電話番号

※入力する住所は、あとで提出する本人確認書類に記載されている住所と同じにすること(異なる場合、本人確認が取れません)。
全部入力できたら、同意欄にも忘れずにチェックね。

手順③|本人確認書類(写し)の提出

手順③|本人確認書類(写し)の提出

上記画面のとおり。

スマホなどで撮影した写真をアップロードすればOK。

※あまりにも不鮮明であったり暗すぎたりすると審査に通らず、口座開設ができない場合があるようです。

✅写真撮影時の注意点|免許証の場合

写真撮影時の注意点|免許証の場合

免許証の場合、「運転免許証番号」が鮮明かをしっかりとチェック。

引越しなどにより住所が裏面に記載されているならば、両面撮影して提出しましょう。

✅写真撮影時の注意点|パスポートの場合

写真撮影時の注意点|パスポートの場合

パスポートの写真を撮る際は、「パスポート番号(=旅券番号)」が鮮明かをチェック。

なお、他のページの写真は必要ありません。

✅写真撮影時の注意点|マイナンバーカードの場合

写真撮影時の注意点|マイナンバーカードの場合

繰り返しですが、マイナンバーカードについては審査にやや時間がかかるんで注意。

通知カードではもちろんダメなんで、免許証もパスポートもない場合の最終手段として使うのが良いですね。
どの書類を使う場合も、ブレてなくてそれなりにキレイな写真を送れば問題なしだよ。

審査が終わると、ハイローオーストラリアからメールが届く

審査が終わると、ハイローオーストラリアからメールが届く

はい。以上で口座開設が完了。

メールに記載のID・パスワードで、ハイローオーストラリアへのログインを完了してください。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)へのログイン画面

※ハイローからのメールに、ログインIDとパスワードが記載されてます。ログイン時に必要となるんで、確実に保存しておきましょう。
簡単だったでしょ?さっそく取引の準備をしていこうか。

ハイローオーストラリアの口座開設が終わったら

  • 取引に使う資金を入金
  • あとはエントリーするのみ
  • 最初は少額で取引してみよう

資金をハイロー口座にチャージして、掛け金を選んでエントリー。

口座開設さえ終わってしまえば、あとはいつでも自由に投資できます。

まずは1回だけ、1,000円で取引してみましょ。最初から高額エントリーする必要はないですよ。
もちろん、デモ取引でガッツリ練習するのも大事だね。

ハイローオーストラリアの入金手段

  • クレジットカード(VISAもしくはJCB)
  • 銀行入金(窓口もしくはATM)
  • ビットコイン

ハイローには上記3つの入金方法が存在。

最低5,000円(銀行入金の場合は10,000円)から、好きな金額を選んで入金できます。

現在、初回入金で5,000円のキャッシュバック特典あり。かれこれ2年以上続いてる特典ですが、いつ終わるかは不明。今のうちに貰っておくのも良いですね。

PCの場合はログイン後、口座残高の右側にある「+」をクリックして入金手続き画面へ。

PCの場合はログイン後、口座残高の右側にある「+」をクリックして入金手続き画面へ。

スマホならば右上のメニューバーから「入金をする」を選べばOKです。

スマホならば右上のメニューバーから「入金をする」を選べばOK

ハイローでは入金しない限り、お金が減る危険性はゼロ。

無理のない金額だけチャージしていきましょう。

ハイローオーストラリア取引画面の使い方

シンプルなバイナリー取引を提供するハイローは、取引の操作方法も他に比べて簡単です。

いよいよ取引画面。

覚えておくべきは6つの機能だけです。

Highlow.com(ハイローオーストラリアの取引画面)

番号 内容 操作方法 補足
取引の種類 4種類から選択 Turbo取引がおすすめ
取引時間 7種類から選択 5分取引がおすすめ
通貨ペア 17種類から選択 USD/JPY、EUR/USDがおすすめ
掛け金を選択 1,000円~200,000円まで 最初は1,000円で充分
High/Low どちらか片方を選択 チャートが上がれば「High」下がれば「Low」
今すぐ購入ボタン エントリーを開始 あとは結果を待つのみ!

上記のとおり。

バイナリーオプションの魅力である「上がるか?下がるか?」の二者択一を楽しめる仕様になってます。

こういうの、なーんか難しく感じちゃうんだよね・・・。
「習うより慣れろ」だね。1~2回やればすぐに覚えられるから大丈夫よ。

最初は少額で取引してみよう

最後に、例として僕がやってる「基本のエントリー方法」での取引をお見せします。

実際にHighlow.com(ハイローオーストラリア)の取引画面を使ってエントリーしてみましょう

取引種類 Turbo取引
取引時間 5分
通貨ペア USD/JPY
掛け金 1,000円
High/Low 「Low」を選択

上記のとおりに取引してみました。

全体的に見て『下がり気味』のチャートのため、素直に「Low」でエントリー。

Highlow.comの5分取引に勝利。850円のペイアウトを獲得できました

はい。5分後に結果が確定。

今回は勝ったので、1.85倍のペイアウト(=850円)を獲得できましたね。

『たった850円かよ』と思うかもですが、最初はこんなもんです。1,000円しかリスクを負わず、わずか5分で850円の利益。バイトと比べれば一目瞭然ですよね。
こんな感じで利益を上げていくのが、ハイローオーストラリアでの取引。

本記事の内容は以上です。

何か質問・不明点があれば、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

それじゃ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です